2011年09月02日

平等院鳳凰堂極楽鳥の舞!

先週末の日曜、京都の嵐山に行ってきました。


目的はトロッコ列車に乗ることと、最近出来た巨大なジオラマを観に行くこと。どちらも子供が喜ぶかなぁと。


オーズの最終回を見た後、グダグダしてから出発したので、京都に着いたのは13時頃。


嵐山付近のガストで食事をとったんですが、これが待たされるのなんの。つーかガストで赤痢が出たとか昨日のニュース見てビックリしたわ。東北地区だけみたいだけど。


で、かなり遅めにトロッコ嵯峨駅に到着。駅に着くと本物のSLが展示されていた。さすが観光駅。


まずはトロッコの切符を購入。今からなら15時7分発が一番早いけど、指定席売り切れで立ち乗りになるらしい。ううむ。


まぁ仕方ない。1時間に1本なので、更に1時間も待ってられん。立ち乗りでいいや。


さて、出発まで30分以上あるし、この嵯峨駅の奥に最近出来た日本最大級?という巨大ジオラマを見に行ってみよう。


入場券500円だが、トロッコに乗る人は100円割引になるそうな。で、入ってみました。


DSCa0050.jpg


ジオラマの上に橋がかかっており、その上からジオラマを見渡せます。


DSCa0053.jpg


DSCa0056.jpg


うん。京都の町並みが再現されてるね。正直微妙だけど。


でも子供達は大喜び。はしゃいで橋から身を乗り出して見るので、落下しないかとヒヤヒヤだったよ。これ落下してジオラマ破壊したらとんでもないことになるんだろうな・・・


2枚目の写真のように途中火事が発生して消防車が現場に急行するというパフォーマンスもあった。これまた微妙だったが、子供達は非常に喜んでいた。連れてきた甲斐があった。大人だけならションボリして帰ることになっただろう。



さて、トロッコの出発時間が迫ってきたので、ホームに向かいます。


そしてトロッコ列車がやってきた!


DSCa0063.jpg


きたきた。さて、乗り込むぞ。


1号車なので一番前に乗ろう。景色がよさそうだ。どうせ立ち乗りだし。


一番前まで来ると、補助席があった。駅員さんが使わないので座っていいよと言うので、子供達を座らせた。ラッキーだ。


で、出発。子供達は外の景色にかぶりつきで大喜びだ。よかったよかった。


DSCa0067.jpg


運転席にいたバッタ。なぜか気になった。


列車は嵐山駅へ。ここはホームが短いので、1両目と2両目はトンネルの中で停車することになる。すげぇ。


停車中運転士さんが気さくに話しかけてきてくれた。今の季節は朝乗るといいよーとか、次の駅で鬼が乗ってくるよとか。ん?鬼?


停まっているとトンネル内は蒸し暑い・・・しばらくしてから出発したが、動いたらとても涼しいんだ。前面の窓全開だからな!


そして列車はトンネルを抜け、保津川沿いの線路を、景色を楽しみながらゆっくりと走ります。時速は25キロらしい。


DSCa0080.jpg


DSCa0085.jpg


これは紅葉シーズンだと凄いことになるんだろうな。人混みも凄いことになりそうだけど。


列車は次の保津峡駅へ。ここは嵐山や嵯峨野で殺人事件が起きるようなドラマだと必ずと言っていいほど登場する撮影の名所。実際凄い秘境駅なんだけど、景観が素晴らしい。


で、ここで鬼が運転席に乗り込んできた。鬼のお面を被った人なんだけど。なんか怪奇列車とかいうイベントらしい。知らなかった。


子供絶対怖がるわと思ったが、案外そうでもなく拍子抜け。伊賀のお祭りで慣れたか?代わりに後ろにいた子供がめちゃ怖がって父親に必死にしがみついていた。可愛いもんだ。


で、その鬼仮面の男、今度は車内に入ってきた!


DSCa0081.jpg


アンパンマンじゃねーか!鬼じゃねぇのかよ!何が怪奇だよ!


49歳とか言って自己紹介してるし・・・知らんがな。つーか駅員大変だな・・・


さて、トロッコ列車は保津峡駅を出発。


それにしてもさすがに景観がいいね。保津川に沿って亀岡駅まで行きますが、途中トンネルも多い。


DSCa0084.jpg


トンネルの中に入ると子供達は怖いのか、頭を振って遊んでいる。意味わからん。


そして25分のトロッコ列車の旅は終わり、終点の亀岡駅に到着。うん。楽しめた。子供達も喜んでたし、連れてきてよかったわ。


ここで大抵の人は降りて、船で保津川下りを楽しみながら嵐山まで帰るのですが、私らはそのままトロッコ列車で帰ります。


いや子供らがジッとしてるなら保津川下りもいいんですが、もし暴れたら大変なので・・・この前もどっかの川下りで船が転覆してたからなぁ。


そんなワケで嵯峨までトロッコ列車で戻ります。帰りは指定席が取れたので座って帰れました。


DSCa0090.jpg


今度は保津川下りしたいね。





あとついでに、盆休みに三重県に帰省した時にあった、うちの村に伝わる奇祭の画像を晒しておこう。


タナナガシ(漢字不明)って言うんですけどね。雛見沢の綿流しとはちょっと違う。


その年に亡くなった人がいる家は、自作で小さな神輿を作って、夜中の23時過ぎに「な〜まみ!」「だ〜ぶつ!」と叫びながら親戚一同で川まで運んでいき、そのままフンドシ一丁で川に入って神輿を川に流すという行事です。


だが10年くらい前から、下流の環境破壊?が問題になり、河原で神輿を燃やす行事に変わってしまった・・・伝統とかそういうのいいのかよ!しかも年々始まる時間早くなって、今では21時ぐらいから始まってるし。


で、今年は親戚に不幸があったので、私も手伝いにかり出されて参加してきたんですよ。


iPhoneで暗い中撮影しただけなので、ブレブレでまともな写真なんて無いですが、まぁ雰囲気だけでも・・・


IMG_0713.JPG


IMG_0717.JPG


こんな感じです。こういう珍しい伝統は残していきたいのぅ。






posted by dorirumen at 01:34| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

アンク?あぁ、俺のマブダチだけど何?

東映太秦映画村で仮面ライダーオーズのロケがあるということで、水曜に会社わざわざ有給とって行ってきました!


情報では9時から撮影開始で17時終了らしい。ならば9時から行くしかないじゃないか!


ってことで朝早くから気合い入れて京都まで。


太秦映画村に着いたんですが、さすが平日だけあってガラガラです。


どこで撮影してるんだろう?と園内地図を見てみますが、どこでやってるのか全くわかりません。どこだ三丁目広場って?


とりあえず園内を探してみようと中に入りますが、すぐにわかった。


と、いうか、映画村の広大なロケセットの8割ほどを今回の撮影に使うようで、ほぼ全域にわたって立ち入り禁止になってました。す、すげぇ規模だな・・・


今回はほぼ嫁の希望で来ているので、嫁がかぶりつきで撮影を見学する為に、私が子供達の面倒を見ることにします。


一緒に見てようかと思ったんですが、撮影中は静かにしてないといけないので、聞き分けできない子供にはちょっと厳しいかなと思ったんです。


まぁ後から嫁に聞いた話ですが、凄い勢いでベビーカーを押した母親が「映司く〜ん!テレビで見るより実物の方が超イケメン!」とか叫びながらハッチャケて走ってきたり、キモオタ風の兄ちゃんが「三浦さーん!いつもブログ見てます!!」とか大声でアピールしてたり、結構カオスな雰囲気だったらしい。マナーを守って楽しく見学しましょう。


で、子供を連れて映画村の中をぐるっとまわってみます。とはいえ、ほぼ全域が撮影の為立ち入り禁止になっているので、かなり大回りになりますが。


途中撮影機材やら出演する人やらも見ることが出来たんですが、いやぁライドベンダー(本物)格好いいわ〜。


ちなみに撮影禁止なので写真は・・・と、撮ってないっスよ?


そんなアンクがいたから、子供ほったらかしでひたすら最大望遠で撮影とか全然してないっスよ?


なのでそれ以外のところの写真をのせておきます。


DSC_a301.jpg


仮面ライダーW 運命のガイアメモリAtoZで風都タワーに設置された、なんちゃらビーム発生装置(実際に撮影で使用した本物)。無造作に屋外に置かれてたりする。


DSC_a303.jpg


空中を進む忍者を発見!ビビる子供達。


DSC_a313.jpg


屋内のスーパーヒーロー施設にあるオーズとWの等身大人形。


DSC_a312.jpg


ゴーカイジャーと一緒。なんか神々しいな。


DSC_a314.jpg


シンケンジャーのゴールド寿司の屋台。あったなぁ・・・


DSC_a310.jpg


花街の花魁人形に話しかける子供達。「ねぇ何してるのー?」「ばいばいーい」とか色々と話しかけていたが、答えてくれずションボリしていた。人形やっちゅうねん。


DSC_a300.jpg


撮影の為立ち入り禁止の柵。見ての通り子供がラクラクすり抜けてしまう穴があいてるので、2〜3回子供が入っていって必死に止めた。勘弁してくれ。



まぁこんな感じで映画村をグルグル走りまわってたんですが、子供達がアイスクリーム食べたい!とか言い出したんですよ。


キャプテンなんかその辺にいる着物着たスタッフに「アイスクリームは?」とか聞いてるし。スタッフはスタッフで「う〜ん、印籠アイスなら売ってるけど、ダメ?」とか言ってる。あかんわい。


で、少ししたら土産物売り場の出口付近に17アイスクリームの自動販売機を発見。


ここで子供達にアイスクリームを買ってあげて、食べさせておく。下の子は近くの売店の若い女性店員に「これな、お父ちゃんに買ってもらってん」とか自慢したり、アイスクリームを舐めさせてやろうとしたりしてる。やめてくれ!


そんな時、スタッフに先導されて、急ぎ足の映司とアンクが突然路地裏から現れた


土産物売り場の近くに関係者以外立ち入り禁止の入り口があるんだが、そこで休憩する為に人目を忍んでやってきた所に偶然居合わせたらしい。な、なんたるラッキー!


つーか映司実物で見るとめっちゃイケメンだな!どんだけ写真映り悪いんだよ。


子供達は走り回っていて、ちょっと離れた所にいる。慌てて呼ぶが映司とアンクを見てなぜか固まって動こうとしない。


まずい、せっかくのチャンスなのに!もう映司は立ち入り禁止のドアの向こうに行こうとしてる。あとはアンクしかいない!


ええい!仕方ない!


俺「すいません、握手いいですか?」


アンク「あっ、いいですよー」




ガッチリ握手する俺とアンク!




もうね、あれだね。何ていうの?俺とアンクはマブダチと言っても過言じゃないよね?


しかし嫁から同じ人類とは思えないとまで言われた俺とアンクですが、そんなキモオタの俺とニコヤカに握手してくれるアンクマジいい人!


つーか手が冷たかった。さすがグリード。そしてすべすべ。あ、手は素手でした。アンク腕じゃなかったですんで。


しかし他にも人がいたのに、握手したのは私ともう1人別の兄ちゃんだけでした。女性は遠巻きに見てるだけなのが意外だったわ。


なんせラッキーすぎる。嫁よすまん。アンクめっちゃいい男だったわ。ウホッ



そんなこんなで昼飯食って、あとちょっと見学したら帰ろうかって昼下がりの風景。


DSC_a316.jpg


DSC_a318.jpg


強い風が吹いて、桜が凄い舞い散っていたので撮ってみた。わかるだろうか?幻想的で美しかった。


そしてまた映画村を散策していたら、オーズのスーツアクター(高岩氏)がタカヘッドを外してトラバッタ状態で休憩している姿を発見。


タカイワ・トラ・バッタ!タ・ト・バ!タトバタ・ト・バ!






posted by dorirumen at 23:57| 奈良 | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

台北旅行記 3日目

さて、3日目です。


この日は嫁が朝から行きたいと言っていた、「林合發油飯店」って店で油飯(おこわ)を買って朝食にすることにした。


朝から迪化街をブラブラ。そういえば夜市方面しか見てなかったんですが、ホテルから夜市とは反対方向に歩くのは始めてだな。


DSC_a027.jpg


なんか集合住宅街みたいなのの入り口?謎の門があった。


他にも色々とノスタルジックな建物が多い。迪化街は台湾最古の問屋街らしいのですが、建物も古く実にいい雰囲気であります。


DSC_a030.jpg


なんか近所の人が、どっかの店で朝飯を食べてる風景。何とも台湾らしい。オシャレなカフェとかでない所が好感度高い。


で、林合發油飯店のある永樂市場に到着。


なんか古くさい雑居ビルみたいですが市場のようです。ここの1階の一角に林合發油飯店がありました。


早速買おうと見てみると・・・なんか紅蛋(殻を赤く染めたゆで卵)とか鶏のもも肉がセットになったのがズラーッと並べられてる。そのボリュームたるや・・・とても朝食ってレベルじゃねーぞ!


とはいえ量り売りをお願いしようにも、言語の壁がのしかかる・・・どうすべ。


すると嫁が突入していって、なんか油飯のみだけ購入してきた。す、すげーよ!どうやって買ったんだ!?


あとホテルの近所の朝しか開いてないハンバーガーショップみたいな所で、ハンバーガー?を買う嫁・・・どんだけ喰うんだよ。俺は昨日食べすぎたせいで胃もたれして何も受け付けないというのに。


ホテルの部屋に戻って購入したものを食べます。


DSC_a031.jpg


これが頑張って買ったおこわ。人気らしいのも頷ける。非常にうまそうだ。


食べてみると・・・確かにこりゃうまい!ただ量が多い。もう何も食べたくない・・・


さて、出発。チェックアウトギリギリの10時前だ。俺的には8時には出て観光に行きたかったのだが・・・ちなみに最終日なのでスーツケースを持ってうろつかないといけないのが辛い。


ホテルからタクシーに乗り込みます。まず目指すは孔子廟。


るるぶの孔子廟のページ開いて運ちゃんに見せますが、何かよくわからない様子で、勝手に納得して発進した。だ、大丈夫か?


で、道すがらやたら飛行機の時間やら、どこの空港なのかとか聞いてくる。どうやら空港まで送っていくぜとか言ってるようだ。アホかと。なんでタクシーで行かねばならんのだ・・・ここはハッキリとNOと言っておく。


で、なんか花博会場みたいな所でおろされる。運ちゃんがあっちの方に行けみたいに言うので、別れて言われた方に歩いていった。


行き止まりで警察がいた。


どういうことやねん!!つーか調べてみたら花博会場と孔子廟全然違う場所じゃねーか!


や、やられた・・・空港まで行かないと言ったから降ろされたのか、場所わかんないので適当に降ろされたのか・・・いずれにしろ日本では考えられん酷いタクシーだ。こういうのが海外のタクシーの怖い所だ。もうタクシー乗りたくないが、乗らざるをえないから仕方ない。


おかげで孔子廟に行ってる余裕なくなるし・・・11時から忠烈祠の衛兵の交代式を見たいので、あと15分しかない。


何とかタクシー拾って忠烈祠へ。11時の5分前ぐらいに到着することが出来た。


で、忠烈祠ですよ。


DSC_a033.jpg


DSC_a032.jpg


このように衛兵さんが立ってます。れっきとした台湾軍の軍人です。


そしてこの衛兵さん、ピクリとも動きません。まるで蝋人形のよう。写真撮影はOKだが、話しかけたりしたらダメなんだとか。


動いちゃいけないってのも案外大変な仕事だよなぁ。1時間毎に交代があるので、1時間ずっと同じポーズなんだもんな。


DSC_a038.jpg


忠烈祠の大きな広場を正面から撮影。なんか三本の筋があるけど、これは何だろう?その謎は後で明らかになる。


で、11時になった。掛け声と共に交代の衛兵が詰め所から出てきた。


DSC_a044.jpg


全員が一糸乱れぬ動きで行進してくる。すげぇ。


門の所で90度回頭。祠に向けて行進を開始します。


DSC_a046.jpg


DSC_a048.jpg


ゆっくりとしたロボットのような動きですが、ホントに一糸乱れぬシッカリとした行進です。怖いぐらい。


そして先ほどの三本の筋の正体がわかった。この行進の跡だ。365日1時間毎に何十年も同じ行進をしてついた跡だ。一念岩をも通すってとこでしょうか。凄すぎる。


DSC_a052.jpg


で、祠に到着。祠には門の所と同様、微動だにしない衛兵が2人立っていた・・・が、交代が来たのでようやく動き出す。


DSC_a054.jpg


動いたー!・・・いやそら動くんですけど、なんか感動すら覚えるというか。


そして行進してきた衛兵と交代劇です。


DSC_a062.jpg


写真じゃわかんないと思いますが、複雑な動きで銃剣を交換したり、これまた一糸乱れぬ動きで感動なんですよ。


で、交代した人がまた1時間立ちっぱなしの仕事につき、残りは元来た道を行進して戻ります。


そして門の手前まで来て、パフォーマンスが始まります。


DSC_a115.jpg


DSC_a095.jpg


シャキーン!!


格好いいぜ!やりたいとは全く思わないが格好いい。


そして門の所にした衛兵さんと交代し、詰め所に戻っていった。詰め所についたらはっちゃけてるんだろうなぁ。観光客のクソ共め!とか何とか。ごめんね衛兵さん。楽しませてもらったよ!


ここだけで写真いっぱい撮った。他のとこでは全然撮ってなかったのに。しかし案外交代に時間かかるねん。既に11時半だよ。


さて、再度タクシーに乗って台北車站へ。捕まえたタクシーがもうボロボロで廃車になってもおかしくないレベルの車だった。車内灯とか壊れたのか外されてるし・・・


台北車站に着いたら、まずはシャトルバスの場所を確認です。1時にはバスに乗って空港に向かってないといけない。


行きにバスを降りた所から乗れるんだろうと思ったら、全然そんな感じじゃなかった。切符売り場もないし・・・う、うそー!


やばい。このままじゃ帰れない。必死で探し回ります。


結局バスセンターが台北車站の西3出口を出た所から公園?一つ隔てた場所にあって、そこまで行かないとダメらしい。こ、こんなもんわかるか!!


台湾行く人は注意です。帰りのバスの場所はちゃんと調べてから行った方がいいです。降りた場所とまるで反対方向です。


少しだけ時間があるので、昨日行った地下街へ買い物に行った・・・が、迷い込んだのは違う寂れた地下街だった。


あ、あれー?くそぅ、今日は何やってもうまくいかないな・・・


そして時間切れ。バスに乗って空港に向かいました。空港は航空会社によってバスを降りる場所が違うので注意。今日の最初に乗ったあのムカつくタクシーの運ちゃんが、空港の降りる場所とか聞いてきて資料見せてくれてたので助かった。そういう意味では役だったなあのタクシー・・・


空港で手続きして1時間ほど余裕が出来た。今日は時間に追われっぱなしだったからな。ようやくゆっくり出来る。


空港ではWi-Fiが繋がるのでiPhoneでネットが出来る。iPhone超便利。


後は空港で土産物見たり、軽く食事したり。


IMG_0369.JPG


台湾名物のそぼろご飯。こっちの人はおやつ感覚で喰うらしい。一度食べてみたかったのだが食べる機会なかったので。


結局嫁が行きたがってた上海蟹が食べれる店やら、まだまだ食べたいものもいっぱいあったなぁ。冬なので名物のマンゴーがたっぷり乗ったかき氷とかが食べられなかったのも残念だ。


つーか2泊3日では全然まわれなかった。九フンも行けなかったし。もっと時間とってのんびり来たいよ。今の状態では厳しいかもだが。


今回はLUNA SEAのコンサートが目的だったし、まぁ目的は無事果たせたわけなので欲言っちゃダメなんでしょうけどね。


次はkyoさんとかshinさんとか誘ってみるか。いやkyoは誘ったんですが、LUNA SEAのコンサート東京なら行くんだけど、さすがに台湾まではなぁって言って断られたんで。ただの観光なら来るかもしれん。shinは仕事次第だろうな・・・


うん。また近いうちに来たい。もっと色々と食べたいし、色々と観光したい。全然時間が足りなかったぜ。


もちろん別のとこでもいいんだけどね。行きたい国はいっぱいある。


なんせ16時ぐらいの飛行機に乗って、関空に着いたのは19時過ぎ。時差の関係で行きと時間変わってくるのだ。飛行機の中で機内食がガッツリ出たのでビックリした。


そしてちゃんと入国審査票ももらった。税関で渡すんだけど、自己申告なのね・・・こんなの黙っておいたら税金かかるかわかんないじゃないか。


駐車場の業者に電話して車を持ってきてもらって、三重県まで子供を迎えに行きます。


もちろん次の日から仕事という頭の悪いスケジュールだ。まぁ2日働いたら23日は休みなのでがんばれる。


なんせかなりハードスケジュールでしたが、久しぶりの海外旅行楽しんできました。


そして今年のブログ更新はこれでおしまい。みなさまよいお年を!






続きを読む
posted by dorirumen at 21:12| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

台北旅行記 2日目

さて、2日目です。


のんびり起きて、まずはホテルで朝食をとることに。


前日は夜遅くに夜市で買い食いしたので、あまりお腹はすいていないんですが、朝からホテルバイキングですよ。


バイキングとなるとついつい食べ過ぎてしまうじゃないですか。いやぁ、無理矢理詰め込んだね。腹が・・・腹がくるしい・・・


シェフがその場で焼いてくれるオムレツとかあるんですよ。そんなもん腹いっぱいでも喰うじゃないですか。しかも流石のホテルクオリティ。あの漢方薬くさいニオイもしない食事のなんとうまいことかー!


異様にうまかったマンゴージュースを飲んで、さて、観光に出発しますか。



まずMRT淡水線で士林駅へ。淡水線ですよ淡水線。うみねこのなく頃にですよ。ネタバレになるので詳しく書けませんが、ある意味聖地巡礼ですな。


で、士林駅からタクシーに乗ります。海外でタクシーに乗るのはイタリアに次いで二度目か・・・日本人だとふっかけられそうで怖いんですよね。台湾はあまりそういうことないそうなんですが・・・


出来ればバスで行きたい・・・と思ったが、バスの乗り方がわからない。やはりタクシーが無難だろう。


駅前に停まっていたタクシーに乗り、るるぶの故宮博物院のページを見せて「ここに行きたい」と日本語で伝えます。「ミュージアム?オッケー」とか運ちゃんは英語で返事。なんか負けた気分だ・・・


で、非常に荒い運転の車で15分ほど。こっちの人の運転はなぜこうも強引なのか。


そして到着した故宮博物院!


DSC_a015.jpg


アホみたいな広いスペースに、アホみたいな数の展示品がある博物館です。台北に来てここに来なかったら何しに行ったのかと言われるほどの博物館。


1日では到底全部まわれないらしい。急いで見たら行けるかもしれないが、北海道の網走刑務所の博物館で、嫁がこういうのにかなり時間をかけて見る人なのを知ってるので、まず無理だろうことは覚悟の上だ。


とりあえずお目当ては「翠玉白菜」と「肉形石」だ。この2つはおさえておきたい。どんなのかはリンク先参照のこと。


手荷物を預けて入場。カメラを預けようとしたら、それは持っていけみたいな感じで返された。えっ?撮影していいの?駄目だよね?さすがに撮影はしませんでした。


さて、まずは2階から。陶磁器のフロアのようだ。


普通に宋の時代とかの陶磁器が並んでいる・・・す、すげぇ。これ1つでいくらするんだろ?鑑定団に出してみたいって作品がゴロゴロ展示されてる。


青磁の壷とか、えっ、こんな時代に作られたものなの!?とビックリするようなものが多くあった。ホント昔の中国って凄い。今はアレだが・・・


象牙細工のコーナーがあって、ここで見た「象牙多層球」ってのがマジで凄かった。透かし彫りを施した象牙の玉の中に、一回り小さい透かし彫りの象牙の玉が入っている・・・ってのが二十何層もあるというもの。所々に小さい覗き穴があって、そこから工具入れて中の玉を掘っていったようだが・・・気の遠くなるような話だ。


なんか現在では作成不可能らしい。ストラディバリウスかよと。一説によると象牙職人が何代かに渡って120年かけて作ったとか何とか・・・


まさに眼福。いや、いいもの見させてもらったぜ・・・


続いて書物コーナー。昔の皇帝なんかが書き記したものとかを展示してる。


ぶっちゃけ私的にあまり興味がなかったので(何書いてあるか読めないし)、ほぼスルー気味に進んでいったんですが、嫁がえらく時間をかけて魅入っていた。なんでも文字の字体とかから、書いた人の人となりとかを想像したりするのが楽しいらしい。多分正しい楽しみ方なんだろうな・・・


まぁ私としては待ってる時間を椅子に座って休憩出来たからいいんですが。つーか広すぎてマジで疲れます。こりゃ1日時間もらっても全部回るのは絶対不可能だわ。しんどすぎるわ。


既に時間は昼食の時間帯になってきたので、そろそろ切り上げようということになり、お目当ての翠玉白菜と肉形石の所に行くことにした。絵画やら仏像やらも見たかったが、もう無理だ・・・体力的に無理だ。


で、翠玉白菜と肉形石は同じスペースに陳列されていたんですが、翠玉白菜は案外小さかった。肉形石はうまそうだった。その辺の店で豚の角煮買ってきて展示しててもバレないんじゃね?ってぐらい。


つーか台湾人ってホント食べ物好きだよなぁ・・・こういう宝物でさえ食べ物に見立ててしまうとは。


さて、お目当てのものも見たし、昼食を食べに行くとしようか。


故宮博物院を出た所で、謎のおっさんに日本語で声をかけられた。


台北まで100NT$で送っていくよとか言ってる。タクシーかよ。だがぶっちゃけ怪しい・・・


そうこうしてたら、写真撮るよとか異様に親しげに話しかけてくるし・・・


DSC_a014.jpg


写真撮ってもらってるし・・・


小籠包食べに行くねんと言ったら「いいよ、送っていくよ!」とか言ってくる。ますます怪しい。


「鼎泰豊」(ニューヨークタイムズ紙による世界10大レストランの一つとして取り上げられた)に行くと言うと、「無理無理!凄い行列で予約してないと絶対入れないよ!」と教えてくれた。そ、そうなんだ、知らなかった・・・


「小籠包おいしい店知ってるから案内するよ!」と言ってくる。ううむ・・・どうするか・・・


で、何だかんだで、アッサリついていった俺ら・・・そんなホイホイついて行って大丈夫か?


なんかそのオッサンに名刺を渡される。台北でお茶の店をやってるとのこと。で、故宮博物院に仕入れた帰りに、ついでに乗せてくれたと・・・


なるほど。どう考えても怪しさ炸裂だが、まぁ何とかなるだろう。


で、おっさんの運転する車で(これがまた荒っぽい)台北市へ。どこ走ってるのか全く解らないのが不安になる。


そして一軒の店の前に停車。おっさんの店だという。なるほど。何となく見えてきた。


で、入店してお茶を勧められた。高山茶という高級茶。


目の前でおばちゃんが煎れてくれる。本格的な中国茶のスタイルは2回目だなぁ。慣れた手さばきで詳しく説明しながら煎れてくれた。


お茶で腹ふくらむんじゃね?ってぐらいたっぷり飲んだなぁ。台湾式のお茶の煎れ方の説明とか、高山茶がどんなに素晴らしいかとかたっぷり説明されたぜ。


いや確かに市販のウーロン茶なんかと比べても、全然違うのはよく解りましたよ。だがいかんせい高い!高級茶だけあって、300gで1万円以上する。一応日本に帰ってからネットで調べてみたんですが、適正価格でした。


まぁ普通の観光客はお土産にしても買わないだろうなぁ・・・なるほど、それでこうやって日本人観光客を連れてきてるわけね。強引な商売だぜ。


嫁がジャスミン茶を会社の人に頼まれていたので、せっかくなのでここで買ってもいいか。


・・・で、なぜか高山茶を300gとジャスミン茶を3袋も買ってしまった俺ら夫婦は負け物です。


クソッ!クソッ!完全に余計な出費じゃないか!


とはいえ・・・まぁいいかってなったのも事実。お茶は確かにうまかったし、日本に帰って美味しく頂くとするか。中国茶セット買わんとなぁ。


しかしこのおばちゃんは日本語が達者だ。九フン(にんべんに分)に行きたいと言ったら、遠いから淡水に行きなさい。マジオススメと言われた。そうなのか。淡水も遠いように思えるが九フンよりはるかに近いようだ。


で、まんまとカモにされた俺らは、おっさんの車でオススメの小籠包の店に案内された。で、おっさんとはここでお別れ。さらばだおっさん。


自分らで来たわけではないので、店の名前とか見てなかった・・・たぶん「京鼎樓」だと思う。


なんか地下に案内され、席につく。庶民風なのか高そうな店なのか、何とも判断しづらい店内。


で、早速小籠包を注文。色々と種類があったが、烏龍茶小籠包は避けておいた。もうお茶はいい・・・飲み過ぎた。


普通の小籠包と蟹味噌小籠包を頼んだ。あと肉麺とかいうのと、鳥の唐揚げと。朝のバイキングが効いているのでお腹は減ってないんですが、こんなに頼んで食べきれるのだろうか・・・


で、注文した料理が出てきました!


DSC_a020.jpg


ウヒョー!これこれ!台湾に来たなら小籠包を食べないとね!


店員さんが食べ方の説明をしてくれた。小皿にタレを入れて(店員がなんか混ぜて作ってくれた)小籠包をつけて、ショウガをのせて、小籠包の皮を破ると・・・


DSC_a022.jpg


あふれる汁!!


め、滅茶苦茶うまそうじゃねぇか!!これをチュルンと頂くわけなんですが・・・


姉さん!事件です!!これは事件です!!


滅茶苦茶うまい!!ありえん。やばい。うますぎるだろ!


何だよこの汁。スープ?ふざけんなシェフを呼べ!ブラボー!


いやマジ感動の味でした。これ食べる為だけに台湾来たと言っても過言ではない。実に素晴らしい。


どれだけ腹いっぱいでも小籠包は食えるね。あっという間に完食です。


ちなみに肉麺と鳥の唐揚げは、相変わらずの漢方薬みたいなスパイスの味がした・・・もう慣れてきたな。つーか嫁はなぜこんなに鳥の唐揚げが好きなのか。必ず注文してるよなぁ。


そういや名古屋に住んでる時に、台湾ラーメン(なんか辛いラーメン)って何度か食べたことあるんですが、実際台湾来てみるとそんなラーメンなんて全然見ないんですよね。あれってただの名古屋名物だったのか・・・


なんせもう食えない限界ってとこまで食べたね。絶対台湾来てデブって帰ることになるだろうなぁ・・・クソッ。


さて、大満足で店を出たんですが・・・ここはどこだろう?


DSC_a023.jpg


DSC_a024.jpg


店の前で撮影した街の風景。うん、当然ながら見覚えないけど、なんかいかにも台湾って感じの風景でいいね。


お茶屋のおっさんが「ホテルの近くだからタクシー拾って帰るといいね」とか言ってたので、駅も近くにあると思うんだけど・・・


るるぶ見て通りの名前とか見て、なんとなく場所の見当がついた。なるほど。中山付近だね。


歩いてMRT淡水線の中山站まで行けそうなので、歩いていくことにした。ちなみに中山站はホテルの最寄り駅だ。


駅の近くで嫁がタピオカ入りドリンクを買った。こ、こんなにお腹いっぱいなのに、なぜそんなのを買う・・・


さて、どうしよう。このままホテルに帰ってもいいが、この疲れだと帰ったらもう出ていきたくなくなるのは必至。


先ほどオススメされた淡水でも行ってみようか?だが嫁の体力がもう限界らしい。早く休みたいと言ってる。


じゃ買い物とかしてホテルに戻ろうということになり、るるぶを見て台北の原宿と言われる西門町に行ってみることに。


ここにオタクの聖地みたいな場所があると書いてあったので・・・日本のオタとしては行くしかあるまい!


MRTで台北車站で乗り換え西門站に向かいます。


途中台北車站で歩いていると、突然警察官が走ってきた。


えっ?な、何?俺ら何かした?


なんか嫁が注意されてる。なんでだ?


どうやらタピオカドリンクを飲みながら歩いていたのがいけなかったらしい。えっ、これって罰則対象だったの?所変わればってやつだね・・・シンガポールの路上に唾吐きみたいなもんか。


なんか黄色い紙に名前とか書かされる。が、日本人だと解ると一気に態度が軟化した。あー、しょーがないねみたいな。


実際台湾に来て思ったのは、ホント親日国家だなぁってこと。日本人というだけで結構親切にしてくれる。嬉しくなるね。


ちゃんと謝罪して警官と別れた。普通なら罰金とかだったのかな?まぁ知らなかったとはいえ、驚いたわ。



さて、西門站へ。駅を出ると凄い人が溢れてます。繁華街すなぁ。


電影街という映画館だらけの通りを横目に、台湾のオタクの聖地と言われる萬年商業大楼を目指します。


かなり迷った挙げ句たどり着いた萬年商業大楼。1つの大きなテナントビルのようです。


入ってみると・・・ん?どこがオタクの聖地なんだ?普通にファッションビルじゃないか?


エスカレータで4階ぐらいまで上がっていくと、フィギュアなど売ってる店がちらほら出てくる。でも・・・全然思ったほどじゃないよ!


俺はもっと怪しい雰囲気を楽しみにしていたんだよ!何というかこう、もっとパチモンくさいというか・・・


でも普通に日本で売ってるようなものばかりが並んでる。これじゃ台湾のオタクの聖地とやらに来た意味ないよ!


本屋があったので入ってみたが、ここでshinさんのお土産として台湾版のイカ娘4巻を買っておいた。きっと喜ぶ。


あ、そういやshinさんが何とかいう名前の人のグッズを買ってきてくれとか言ってたな。わけわからん戯れ言は無視していいと思うのでパスだな。イカ娘でいいじゃなイカ?


更に上の階はゲーセンになっていた。日本のゲームが立ち並ぶ・・・つーか日本のゲームしかない。


大体一回10NT$。日本円で30円だ。安い。そのせいか大盛況で、日本のゲーセンが廃れていってるのに比べて活気に満ちあふれていたのが印象的だった。


そういやバーチャファイター2が流行ってた時、新宿ジャッキーが台湾の場末のゲーセンでコテンパンにされたって逸話があったな・・・日本最強レベルが台湾の場末のゲーセンレベルという差は、この値段の安さが原因だと思う。日本のゲーセンは最近じゃ大抵1ブレイ200円だもんね。


話のネタにKOFでも対戦しようと思ったら、プレイしてるのは幼女だったのでやめておいた。幼女に乱入してボコボコにされたらネタにはなるが確実にヘコむ。ヘコみたくない。


結局かなりガッカリしつつ萬年商業大楼を後にした。期待外れだったぜ。


で、嫁が台湾の普通の本屋に行きたいというので、台北車站まで戻って三越に行った。


三越の本屋に行って本を物色・・・


IMG_0367.JPG


え〜と・・・何だこれ?黒執事?じゃないようだが・・・


ここで嫁が台湾版の日本語勉強の本など買って、あとは土産物でも買おうかと地下街をブラつくことに。


地下街も結構面白いもので溢れていた。そして活気あるよなぁ。


ひやかしただけで結局何も買わず、ホテルに戻ることになった・・・


途中、台北車站の前の道路で撮った写真がコチラ。


DSC_a025.jpg


見ての通りバイクが溢れてます。バイクと言ってもスクーターだけどな。普通に二人乗りとかしてる。


台湾はかなりのバイク文化国なのは解った。とはいえ大型バイクなんて100台走ってるうちの1台くらいの割合だけど・・・ほとんどスクーターなのは、完全に移動の道具として割り切って使ってるからなんだろう。


これだけ混み合った道路事情とか考えれば、確かにスクーターは台北の街にベストマッチな乗り物なんだろうね。


で、ホテルに戻って嫁が疲れでダウン。近くの足つぼマッサージの店に嫁が行くことになった。私はマッサージとか嫌いなので行きませんでしたが。


全身マッサージしてもらってくるとのこと。その間ホテルで休憩していたが、問題はホテルの前のセブンイレブンで買ったコレですよ。


IMG_0366.JPG


なんか謎のコーラ飲料。


飲むとサロンパスの味がする。ありえない。飲むはサロンパスってやかましいわ!


嫁が帰ってきたので、また夜市に行くことにした。正直お腹いっぱいなので、あまり食べられないんですが・・・


IMG_0368.JPG


椰子の実ジュースを買ってみた。マジ甘くてうまい。こういうのを飲みたかったんだよ!


DSC_a026.jpg


これは嫁が買った牡蠣のオムレツ。どうしてもこれが食べたかったらしい。これも美味しかったなぁ。


なんせもう喰ってばかりで腹いっぱいすぎる。台湾に食べにきたようなもんだ。


そして疲れた。歩きっぱなしで疲れた。泥のように就寝して2日目は終わる・・・






続きを読む
posted by dorirumen at 20:54| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

台北旅行記 1日目その3

さて、いよいよLUNA SEAワールドツアー台北会場へ入場です。


IMG_0357.JPG


会場内の様子。iPhoneで撮影したんだが・・・普通こういうとこってカメラ持ち込み禁止だよね?いたる所で撮影会してるんだが・・・これが台湾クオリティか。俺もか。


嫁が言うにはLUNA SEAのライブでこんなオールスタンディングなのは日本では考えられないらしい。一昔前なら数時間前から並んで最前列に陣取ってたわーとか何とか。


ちなみにここ、無料のWi-Fiが使えた。iPhoneは機内モードにしてるとiPod Touchと同様の使い方が出来るので、普通にネットが見れる。mixiに「台湾なう」とかつぶやいてみる。


そして予定時刻を遅れること10分あまり、ようやく始まった!


IMG_0358.JPG


ライブの様子を撮影したり。なんかまわりでも普通にカメラで撮影してた。フリーダムだなぁ・・・思わず動画まで撮ってしまったが、デカいのでUPしない。


LUNA SEAですが、ぶっちゃけ私は何も知りません。誰それ状態。ベースの人って真矢だっけ?ぐらいの知識しかない。ちなみにこれ言ったら嫁に真矢はドラムだと軽く突っ込まれて終われましたが。


もちろん曲も知らないので、正直楽しめるとは思ってなかったんですが・・・これが1曲目始まった途端にかなりの衝撃を受けて前提が覆ったね。


音が身体の奥底までズンズン響いてくる。な、何じゃこりゃ!?


聞いていると響くのはドラムの音のようだ。真矢か。真矢なのか。


いや真矢マジごめん。テレビとかで見て、ただのデブのおっさんかと思ってた。


まさかこんなに凄いドラマーだったとは!何というパワードラマー!!


ドラムソロとかもあったんですが、これがもう普通に格好いい。つーか凄いテクニック。そしてパワー。いやもうかなり衝撃を受けたね。


RYUICHIが台湾なのにほどんど日本語で挨拶してたとか、嫁がヘドバンしてたとかそんなのどうでもいい。俺的には全部真矢が持っていったわー。


そしてあっという間に二時間経ってた。なんか聞いたことある曲も入ってたし、かなり楽しめました!驚いた。


ちなみにこのライブの様子は29日にNHKのBS2で放送されるそうです。録画予約しといた。



さて、ホテルに帰りますが、当然の如く無料シャトルバスには長蛇の列が出来ていた。


こんなの待ってたらどれだけ時間かかるのやら・・・もう22時半だし早く帰りたいぜ。


仕方なく近くのMRTの駅から遠回りで帰宅。こんな時間なのに車内は結構混雑してるのが恐ろしい。台湾人は夜型が多いのかなぁ。



で、1時間ほどかけて台北車站に到着。


あまり人のいない駅構内を歩いていると・・・


IMG_0365.JPG


なんか凄いセンスのモニュメント?を発見!!


な、なんだこれは・・・鳥人か?笑い飯か?


実は昼もチラッと見たんですが、こうやってマジマジと見てみると、この像のマジキチさがよく解る。なんで刃物?持ってるんだよ。


あまつさえ昼は首から水が噴き出していた。理解不能。理解不能。


現代アートとかいうやつなんだろうか・・・子供は泣くな。絶対。



さて、深夜の台北の街を歩いてホテルに帰り、遅めの夕食を食べに出かけることにしました。


台湾といえば夜市。ホテルのある迪化街にも夜市があり、そこに行ってみることにしました。つーか0時過ぎたこんな時間に開いてるのって夜市ぐらいだ。


ちょっと休んでから出発したので1時過ぎ。まだやってるか気になりつつ行ってみましたが、普通に屋台が建ち並んで営業してました。さすが夜市。


DSC_a008.jpg


夜市の入り口付近。なんとなく雰囲気解りますでしょうか?


DSC_a007.jpg


スマートボールとかある。結構繁盛してた。面白そうだがやらなかった。


DSC_a009.jpg


夜市の中を歩く。物珍しい屋台がいっぱい!!


夜市を紹介する記事なんかでは必ず出てくる臭豆腐の店も当然のようにあった。でもそんなに臭いは感じなかったかなぁ。


とりあえず美味しそうな店を見繕いますが・・・正直注文するのに結構勇気がいります。


だって言葉通じないんですよ。どうやって注文しろと?ああ、言葉の壁がこんなに高いとは・・・


昔の私なら何も考えずにウッヒョー!と突撃してるんでしょうが、なんか慎重になっちゃったなぁ。つまらん人間になったもんだ。


まぁそんな感じでウロウロとしてたら、店を閉じる屋台が出てきました。や、やばい!このままじゃ何も食べられない!せっかく台湾の夜市に来たっていうのに!


嫁が意を決して近くの店に入って、何やら注文してます。す、すげぇぜ。俺は持ち帰りで食べようと思ってたのに、この場で食べるつもりなのかよ。


私も負けてられないので、目をつけていた肉巻きのお店に突撃しました。


クレープみたいな生地に肉やらを入れて巻いて出来上がりというシンプルな料理のようですが、これが実にうまそうだったんですよ。


肉とチーズが入ったやつが食べたい・・・でもどうやって注文すればいいか解らない。ええい!適当にやるしかねぇ!店のオヤジにヘローとか声をかけます。かなり動揺してます。


店のオヤジが何か言ってます。「何にするんだボウズ?」とか聞いてきているんでしょう。ニュアンスで解る。


ようし、注文するぜ。こういう時は万国共通でメニューを指さして注文すればいいんだぜ。


だが盲点。屋台の屋根の前面にメニューが並べて書かれているんだが、店のオヤジは屋台の裏側だ。オヤジからメニューが見えない!これでは指さし注文が出来ない!


ま、マズい・・・漢字は読めるが日本語読みだ。台湾の音が解らない。ど、どうすれば・・・


オヤジの横で奥さんが肉巻きを作っているのが目に入った。こ、これだ!


「すいません、コレ俺にも1つ!」と華麗に日本語で注文する俺。今焼いてる最中のを指さしたので何となく解ってくれたのだろう。オヤジも「OK」と言ってくれた。ちゅ、注文出来たのか・・・?


しばらく待つと、持ち帰りの包装に入れられた肉巻きを手渡された。代わりにお金を払う。確か30NT$。日本円で90円。安い。


さて、嫁はどうなってるかな・・・見に行ってみると・・・


DSC_a010.jpg


なんか結構大きい皿に入った料理を食べていた。軽くすませるとか言ってたのに、結構ガッツリ食うんだな。


後で聞くと、1つ注文しただけなのに、これだけ出てきたらしい。セットメニューか何かだったのか?なんせこのボリュームで日本円で240円ぐらいという安さ。凄い。


嫁が食べきれなかったので、俺が残りを食べたんだが結構うまかった。さすが台湾。


この他唐揚げを買ってホテルに持ち帰り。帰りにセブンイレブンがあったので、適当にアイスなど購入。


DSC_a011.jpg


謎アイス。普通にバニラだった。メローナは安心のメロンシャーベット。


さて、私も屋台で買った肉巻きを開けて食べてみます。


DSC_a012.jpg


おおっ、美味しそう。でも欲しかったチーズは入ってない。


食べてみると・・・うん。美味しいんだけど、やっぱり漢方薬みたいな臭いがするね。こっちの料理には必ずといっていいほど入ってるよなぁ。


唐揚げも漢方薬で揚げましたみたいな味がするし。いやスパイシーでなかなかうまいんですが、こう続けて薬臭いのを食べるとちょっとなぁ・・・


ちなみに台湾のセブンイレブンに入ると、この漢方薬のような謎の臭いがかなりプンプンします。


恐ろしいことに、おでんから臭ってきてるし・・・でも製品名は「関東煮」。


つーか街中で結構日本のものを見かけるんですよ。モスバーガーも大阪焼きって名前でお好み焼きバーガーとか売ってましたし。他に吉野屋とかダイソーとか見かけたよ。


日式○○○○とかそういう看板がよく目立ってました。日本のものはいいものだみたいな感じがして、何だか嬉しくなった。



なんせ、何となく漢方薬の臭いが身体から出てないか心配しつつ、1日目は就寝しました・・・






続きを読む
posted by dorirumen at 00:27| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

台北旅行記 1日目その2

さて入国審査。なんと俺らが最後だったらしく、まわりに誰もいない。


パスポート持って行ってみると、入国審査票みたいなのの提出を要求された。えっ?何それ?


どうやら飛行機の中で他の人は貰っていたようだ。くそぅ、俺らは寝てたからなぁ。いつの間に・・・そういえば客室乗務員が「台北?」みたいなことを聞いてまわってたような・・・台北経由香港行きの飛行機なので、台北で途中で下りる人だけに渡していたのか。


なんせ仕方ないのでその入国審査票を記入することになるんですが・・・当たり前のことながら日本語表記が1つもない。


近くの記入台に貼られてた記入例を見ても、中国語と英語のものしかない・・・し、仕方ない。英語で書くしかねぇ。


とはいえ何をどう書けばいいのか解らない項目もいくつかある・・・適当に書くしかないよなぁ。


記入し、ドキドキしながら入国審査へ。なんかあっさりクリア。サイトシーイングスリーデイズとか言う気マンマンだったのに、特に何も聞かれず。日本人だろ?OKOKみたいな感じだった。


荷物を受け取って(ベルトコンベアーも止まっていて、床に置かれてた)、次の課題は「シャトルバスに乗ってホテルに行く」こと。


ツアーとはいえ、航空券とホテルだけツアー会社でおさえてもらって、後は自分らで何とかするってプランにしたから仕方ない。今までの海外ツアーって全部ツアー会社まかせだったから、こういうの初めてだ。


嫁が日本で調べてきてくれてたので、バスの路線とかは解るんだが、チケットとかどう購入していいやら・・・


バス会社の窓口まで行くと、受付のお姉さんがたどたどしい日本語で話しかけてくれた。た、助かった。日本語通じるじゃん。


終点の台北車站行きのチケット購入して(途中下車とかだったら困ってただろうなぁ)バスに乗り込みます。番号がふられているので、どのバスかわかった。


DSC_a003.jpg


うん。オンボロバスだね。発進時に運転手がサイドを戻さずに発進してガリガリ音出してたから、いきなり不安にさせられた。


で、当然ながら右側通行。日本と感覚違うわ。つーか運転が荒い。ゴリゴリ行きやがるわクラクション鳴らしまくるわ・・・後にこれは台湾では標準の運転だと思い知る。


約1時間ほどバスに揺られて、台北車站に到着。


DSC_a120.jpg


えらくデカい建物だが、どうやら台北の中心的な駅らしい。


ここから徒歩で20分ほど歩いてホテルに向かった。タクシー使うの怖かったんで。


ホテルはSWEETS(スイーツ(笑))ってとこ。すぐ近くに小さいながらも台湾名物の夜店が建ち並ぶ油化街って所にある。


町並み眺めながらホテルまで歩いてると、中国人の観光客らしき人にエクスキューズミーとか声かけられたが、英語わからんのでハハーン?みたいな返し方したら「oh」とか言って去っていった。クソックソッ。


で、ホテル到着しチェックイン。なかなかいい感じのホテルじゃないか。


DSC_a004.jpg


部屋はこんな感じ。かなりオシャレ。隣のマンションから中が丸見えなのでカーテンしとかないといけないのがネック。


バスルームとシャワールームがガラス張りでなかなか格好いいんですよ。ちょっと驚いたわ。シャワーは水はけ悪いけど普通に出るし・・・海外のホテルのシャワーって、チョロチョロしか出ないイメージしかないもんで。


サービスも悪くないのでこのホテルは当たりだったな。欲を言えばWi-Fiを自由に使えればよかったんだが。なんか規制されてるのかiPhoneでネット繋ごうとしても使えなかった。旅行きてまでネットすんなと言われればそれまでなんですけどね。はい。


そういえば海外でiPhone使う時は、常に機内モードにしておきましょう・・・ってどっかに書かれてあったのでそうしたんですが、なんか普通に使えるっぽい。


ソフトバンクの海外使用プランにしたら使い放題だが、少し使うぐらいならそのままで大丈夫そうだ。もちろんお金は結構かかるが、最悪の緊急時には何とかなりそう。ちょっと心強くなった。



強行スケジュールの為がしんどくてホテルでしばらく休んでから出発することにした。


向かう先は今回の旅行の目的である「LUNA SEA ワールドツアー 台北公演」!


ちなみに私はLUNA SEA何も知らないです。嫁が行くので、付き合って行くだけの人。LUNA SEAファンの人ごめんなさい。


不安でついて行ったんですが、旅行を終えて振り返ってみると、治安も日本とそれほど変わらないし、別行動とっても全然問題なかったかもしれません。まぁ初日で不安だらけの中なので、この時は考えもつかなかったのですが。


ライブは20時からなので、軽く何か食べてから行こうということになり、ホテルの近くで買い食いしてみた。ちなみにライブにカメラ持って行くわけにはいかないので、以降iPhoneで写真撮った。


まずは凄い香辛料の臭いがする鶏肉を売ってる店に。私だけなら絶対スルーするであろう地元臭プンプンの店構えですが、並べられた鶏肉を見てズンズン入っていく嫁・・・ちゃ、チャレンジャーだなぁ。


なんかよくわからん肉を2本身振り手振りで購入する嫁。すげーわ。マジで。そのチャレンジャーな所も凄いが、このくさい臭いの肉を食おうと考える所が凄い。


で、購入したのがコレ。


IMG_0351.JPG


後でるるぶに載ってたの見たらアヒルの肉らしい。ぶっちゃけ喰う所なかったです。ちなみにコレ選んだのは俺な。嫁は普通に鶏肉買ってた。


つーか薬草くささが半端ない。漢方か何かか?日本でもどこかで嗅いだ臭いなんだけど・・・


まぁでも嫌いな味ではないです。この旅行期間中、この臭いと味に最後までやられてしまうことになるとは、この時はまだ知るようもなかったのですが・・・



更に近くの店で・・・


IMG_0350.JPG


ネギパン?を購入。中に何が入ってるんだろう?と思ったら、ホントにネギしか入ってなくて笑った。


でもほんのり塩ダレ風味で、表面パリッとしてて中はモチモチという、かなり美味しい味でした。日本でも流行ると思う。



さて、腹ごしらえも出来たし、ライブ会場に向けて出発。


先ほどの台北車站から地下鉄(MRT)に乗ります。


ここでまず切符を買うのに手間取る。路線図を見て会場のある南港の駅に数値が書いてある。これが料金らしい。


確か60NT$だったかなぁ。日本円にして180円くらい。かなり距離あるのに何この安さ!?とビックリしたよ。


そうなんです、先ほど食べ物買った時にも思ったんですが、台湾って物価が無茶苦茶安いんですよね。日本の1/3〜1/8くらい?


特に食べ物と交通機関の安さには驚くばかり。ブランド物なんて日本とそんなに変わらないそうなので、生活必需品は安いってことなんでしょうね。羨ましい。


更に驚いたのは台湾のMRTの切符。


IMG_0362.JPG


このコインが切符になってる。改札にかざすと中のチップを読み取って改札を通れる仕組み。オーメダルだと思えばいい。


MRT自体もなかなかクオリティ高い。ホームから転落しないよう、キチンと2重扉になってるし。インフラ進んでるよなぁ。日本並にラッシュが凄いけど。


で、人にもまれながら南港駅へ。ここで無料のシャトルバスに乗り換えて会場に行きます。


会場に着いたら既に行列が出来ていたので、慌ててジュース買って列に並んだ。


IMG_0353.JPG


近くのコンビニで買ったミルクティー。午後の紅茶だと思うだろ?パチモンなんだぜこれ・・・


なぜか漢方薬の味がする。さっき食べた鶏肉と同じ味。謎すぎる。なんだこの香辛料は!


日本から来た人もいっぱいいるかな?と思ったが、聞こえてくる会話で日本語は皆無だった。ほとんど台湾人かよ・・・


いや日本から来るという気合いの入った人はもっといい席をとってるんだろう。私らは真ん中のグレード。席というかオールスタンディングだけどね。ちなみに台湾では一番安い席から埋まるのが通例らしい。


IMG_0354.JPG


入り口の看板。いよいよ入場という所で次回に続きます。






続きを読む
posted by dorirumen at 00:27| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

台北旅行記 1日目その1

台湾から帰ってきたよ!!


感想とかの前に、まずクリスマス会の連絡から・・・


明日23日は朝9時10分からのオーズ&Wの映画見てくるので、それ終わってからにしたい。


とはいえ家の中が全く片付いてないので、ある程度掃除する時間がほしい。


なので1時からということで。


どっか外でやるならもうちょい早く出来るが、子供連れでのんびり昼飯とか喰いながら・・・とか出来る所が思いつかない。


ちなみに昼飯はピザでも頼むつもり。ケーキは予約してある。




さて、台湾の旅行記です。


まず出発日前日が忘年会で、しかも忘年会から帰ってきてから荷物を準備するという、我ながら海外旅行に行くとは思えない気楽さだ。


しかも当日は嫁が仕事を早く切り上げて、合流後仕事場から直接関空に行くという弾丸スケジュールなんですが、6時に起きるつもりが6時半になって心配になった嫁が電話かけてきて起きた為、何のチェックも出来ず大慌てで家を出たという腑抜けっぷり。おかげで炊飯器を保温にしたまま出発してしまったぜ。中にご飯が残ってたんだぜ。


で、嫁と7時半に嫁の仕事場近くの近鉄の駅で待ち合わせて、そのまま関空に向けて車で出発。


高速使って1時間ちょっとで関空に到着。あらかじめ予約しておいた駐車場の業者に車を預けて、ツアー会社のカウンターに。9時に集合で余裕で間に合ったわ。


手続きして、今度は航空会社のカウンターに移動し、航空機のチケット貰ってスーツケース預けて、後は10時半までに出発ロビーに行けばいいだけになった。


時間が余ったのでスタバで時間つぶし。弾丸ツアーの中でちょっとした息抜きだね。スタバのコーヒー高いけど。


で、30分前になったのでいよいよ出発。


まずは手荷物検査。腰にポーチつけてたら、それも外せと言われた。ベルトごと外さねばならん・・・しかも上着も脱がないといけない。


金属探知機もクリアして今度は出国審査。これはパスポートとチケットだけ渡してOK。


立ち並ぶ免税店をガン無視してモノレール?に乗って出発ロビーまで移動。案外時間かかったので、ちょっと待っただけで飛行機に搭乗出来た。


さて、飛行機に乗るとしばらくして機内食が用意される。客室乗務員が「チキンオアビーフ?」とか聞いてくるが、この俺が何を言ってるのか理解出来るワケがない。


嫁が隣で「チキン」と言ってたので、俺もチキンと言っておいた。牛肉の方がよかった。


しんどかったので飛行機の中ではグーグー寝てました・・・



そして飛行機はいつの間にか台北へ。


到着後、空港内に銀行があったので5万円ほど現地通貨(NT$)に換金。これが軍資金だ。


で、この後検疫。耳に体温計を押し当てられて、一瞬で体温を測られる。ちなみに関空ではサーモグラフィーで見るので検疫はほぼ素通り出来る。


この後入国審査となるのだが・・・続きは次回に。






続きを読む
posted by dorirumen at 23:47| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

映画村オーズショー

東映太秦映画村にうちの家族とkyoさんとで行ってきました。shinさんも誘ったんだが、和歌山出張でしんどいらしくて来なかった。残念だ。


有料道路は京奈和道だけ使って、あとは全部下道で京都へ。途中嫁がライブに行く予定があるのでJR奈良駅付近に立ち寄ったのもあるが、意外と時間かかった。そんなに道は混んでなかったのになぁ。


10時ぐらいに映画村に到着。近くの駐車場は満車なので、第二駐車場に駐めた。併設してるので苦ではなかったです。


入村券買おうとすると、キャプテンが係員呼び出しのピンポンを押して逃げた。ぴ、ピンポンダッシュ!?


出てきた係員に平謝りしつつ入村・・・そしてkyoさんと合流。待たせたな!30分ほど!



さて、今日の目当ては「仮面ライダーオーズショー」だが、11時から開始なので、それまで若干時間がある。


ちょっと映画村内を散策しようとしたら、丁度「福本清三ショー」が始まる所だったので見てみることに。


最前列で見ることが出来たが、子供が綱をまたいでショーの範囲内に入ろうとして、役者さんに刀で斬られて阻止されていた。さすが関西。


で、ショーが開始。


DSC_0003p.jpg


DSC_0010p.jpg


DSC_0015p.jpg


相変わらず面白かった!数年前に見たのと、内容も違っていた気がする。ストーリー的には一緒っぽかったが。


なんせ見事な殺陣でした。さすがプロ。


上の子は真剣に見ていたんですが、下の子はなぜか寝そうになっていた・・・しかも「けんかしたらあかんねー」とか言ってた。平和主義なのか?



なんせショーの後、急いで仮面ライダーオーズショーに向かった。かもーん。


会場はかなり混雑していて、一番後ろから2番目の席が何とかあいていた。


着席後、まもなくショーが開始。


心配していたのが、子供達が怖がって「帰る」とか言い出して席を立ったりするんじゃないかということだったが、オーズへの興味からか心配していた事態にはならなかった・・・よかった。


さて、ショーの内容ですが・・・


DSC_0016p.jpg


今回のショー専用のグリード登場。いきなり何じゃそりゃって設定ですが、まぁよし。


DSC_0018p.jpg


名乗り終わった所で、タトバ音と共に2階にオーズ登場。


そして1階にジャンプ!かなりの高さでビックリした。


戦っているとWも登場。一緒にグリードを追い詰めます。


DSC_0020p.jpg


グリードが次元を切り裂く剣を取り出して空間を斬り、そこにタイムトンネルが現れました。その中に逃げ込むグリードと追うオーズ&W。


ここでスクリーンがおりてきて、デカデカとタイトルが表示されます。


オーズとWがポーズつけて映し出されるのはよかったんですが、坂本龍馬だけ銅像が映し出されていたのは何ともならなかったのだろうか・・・タイトルだけでよかったんじゃ・・・




セットのバックが微妙にかわって幕末の京都。


DSC_0026p.jpg


おりょうが新撰組の近藤・土方・沖田に襲われてる所にオーズ登場。おりょうを助けに入りますが、人相手なので戦えません。剣が効かないので気楽なもんです。


そこにキツネ面をつけた男が登場。ピストルでピンチを救います。彼こそが坂本龍馬!


DSC_0027p.jpg


何とか逃げおおせますが、ここで龍馬の名前を聞いたオーズは、龍馬が薩長同盟を成功させることを喋ってしまいます(この時は同盟前らしい)


自信を持つ龍馬。そこにまたもや新撰組登場。今度は「先生」を引き連れての登場です。


DSC_0030p.jpg


これが先生。やっぱりか・・・


オーズとWが知り合いだと解ると、新撰組がオーズとWに斬りかかります。龍馬にその場を逃げるように指示するオーズ。



龍馬が逃げ出した先にはグリードが!グリードが龍馬にセルメダルを投入すると、龍馬自身がヤミーに変わってしまった!


DSC_0036p.jpg


この龍馬ヤミーですが、「やきー、やきー」って言ってるんですよ。高知県民バカにしてんのか!?


新撰組を退けたオーズとWですが、龍馬ヤミーに苦戦します。元が龍馬だけに手が出せない!


ここでオーズの神条さんばりの説教ですよ。そのふざけた幻想をぶっつぶす!


で、自力で元に戻った龍馬。そしてグリードとの戦闘になりますが、バラバラに攻撃していたのでは相手におされ気味です。


傷つき倒れるWとオーズ。ピンチ!


ここで前説のお姉さんの声が!みんなで「がんばれ!」と応援しよう!とか言ってます。恥ずかしい。言わせんな。


小さいお友達が「がんばれー!」と声を上げます。うちの子はボケーッと見てただけだったけどな


で、声援をうけて立ち上がるオーズとWと龍馬。たぶん龍馬に子供達は声援送ってないと思うけど。


DSC_0045p.jpg


「オーズ・W・龍馬のコンボだ!」みたいなこと言って、連携攻撃。


DSC_0047p.jpg


見事グリードをやっつけました!


そしてまた新撰組がやってきて、龍馬が逃げて、今度はオーズとWも手を出さず、グリードの持っていた剣を使って元の世界に戻って終わりです・・・




まぁなんせ子供も真剣に魅入ってましたし、なかなか良くできていました。面白かった。


ショーが終わって、握手会が始まります。


握手会に参加する為には、サイン色紙かカレンダーかお楽しみ袋を購入しないといけません。もちろん足下見てる価格設定です。


それでも一番安いサイン色紙を買って参加したさ!




DSC_0054p.jpg


オーズのサインを貰ううちの子。ドキドキです。




DSC_0055p.jpg


そしてWと握手会。手をさしのべるW。




DSC_0056p.jpg


もらったばかりのオーズのサイン色紙を渡すうちの子。


節子それ握手会ちゃう!カツアゲや!


なぜ渡す!?はい、どうぞとか言ってるし!


Wも困惑。スタッフのお姉さんも「オーズのサイン色紙ありがとうね〜。でもお返しするね〜」とか必死のフォロー。


は、恥ずかしい・・・何ということだ。


ちなみにこの後写真撮影もありました。下の子は普通にWの側でゴキゲンにしてたんですが、上の子がなぜか怖がってkyoさんに泣きついてました。なんでやねん。


あっ、そうそう。これがオーズのサイン色紙です。


DSC_0074p.jpg


「仮面ライダーOOO」と書いてあります。うう〜ん・・・




後はヒーローランドで遊んだり


DSC_0067p.jpg


なんかナヨっぽいポーズのタチャーナさん。


DSC_0066p.jpg


753


DSC_0068p.jpg


デンライナー。デカい。



飯喰った後に、映画村内を散策したり


DSC_0070p.jpg


なんか異常にコスプレイヤーが多かった。ガチで視界内にいるのは私ら以外全員コスプレイヤーの時とかあった。


銀魂とかBLEACHとかNARUTOとかBASARAとか。まぁ一応映画村のセットに合う設定なんでしょうけど、全然なじんでねぇ!!違和感バリバリだぜ!


いつの間にこんなことになってたんだ映画村?コスプレイヤーにとっては、こういう時代劇のセットで写真撮れるし、遠慮なくコスプレ出来るしで最高なんだろうな・・・他の客にとっては正直なんじゃこりゃ!?って感じなんですが。


ここまで多いとさすがにねぇ・・・


まぁ違和感と言えば


DSC_0072p.jpg


元々この映画村の謎のセット自体、違和感バリバリなんですけどね。前は怪獣だったのに、何よこれ?外人も苦笑してたよ。


まぁなんせそこそこ遊んだので、3時ぐらいに映画村を後にしました。まぁ楽しかった。






続きを読む
posted by dorirumen at 23:27| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

アドベンチャーワールド2日間

19日・20日と和歌山のアドベンチャーワールドに行ってきました!


かなり画像が多いので、見たい人だけ続きを読むでどうぞ。






続きを読む
posted by dorirumen at 01:35| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月31日

サイクロンアクセルエクストリームとは何だったのか

夜の海遊館に行ってきました。


いや行ったのは夕方だったんですけどね。



DSC_0096e.jpg


入り口の海底トンネル。最初に来た時は綺麗で感動したもんだ。


この辺りはまだ明るくて、しかもフラッシュ焚いて撮影してたんですが、ここを過ぎたら照明が暗くなり、夜の海遊館らしくなってきた。


しかもフラッシュ撮影出来ない区間。三脚もないので手持ちで手ぶれ気にしながら撮影しないといけない。


とりあえず感度上げて・・・とか考える暇もなく飛び出すキャプテン!ここからキャプテンの無双が始まる。


あのな、せっかく水族館に来たんだから魚を見ろと。廊下を走りまわって遊ぶ所じゃないんだぞと。つーか他の人に迷惑なのでマジやめて!


下の子は大人しく魚を見て「きれいなー」とか言ってます。こういう反応が見たかったんですよ!なのに誰だよ走り回ってるだけなのは!


途中スナメリのコーナーがあり、そこに係員の人が立ってたんですが、走ってきたキャプテンを見て「おっ、久しぶりやな!最近来てなかったやんか!」とか言われてました。な、なんで顔見知りなの君達!?


そ、それだけキャプテンが印象深かったということか・・・たぶん悪い意味で。


まぁそんなキャプテンを相手しながら無理矢理撮影した写真を貼っておく。正直完全オートで撮影した。


DSC_0099e.jpg


DSC_0111e.jpg


DSC_0112e.jpg


DSC_0121e.jpg


DSC_0122e.jpg


DSC_0124e.jpg


DSC_0110e.jpg


最後のは暗い場所で水槽と子供を撮影したいんだが、どうしても子供が黒くなってしまった失敗写真。つーか今回失敗写真がほとんどだった。


フラッシュ焚いたら解決なんだろうけど、フラッシュ焚かずに綺麗に撮る方法はないものか・・・






続きを読む
posted by dorirumen at 00:14| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

アカプルコ

日曜に東条湖おもちゃ王国に行ってきました。


メインの目的は併設しているプール「アカプルコ」なんですけどね。


思い立ったのが遅くて、家出たの10時ぐらいですよ。到着が12時過ぎ。まぁ遅かったおかげで、中国道の渋滞を回避出来ました。


ただ駐車場が第二駐車場になってしまったので、結構歩かないといけないのが失敗だった。プールの荷物が多いんだよ。


で、入場券買って、早速アカプルコへ。ここは2歳から入場料が発生するので、4人分かかってしまった。しょんぼり。


着替えてプールサイドに向かいます・・・が、暑い!!


DSC_0079t.jpg


アカプルコの風景なんですけどね。これ地面が無茶苦茶熱いんですよ。


濡れた足でも数秒地面に立っていられないという・・・ビーサン必須です。



で、何やらキャプテンの様子がおかしい。何かにおびえているようです。ん?どうした?


キャプテン「プールこわい・・・」


え、ええ〜!!お前がプール行きたいって言うから連れてきたんじゃん!!何で怖がってるの!?


とりあえず連れてプールに入ろうとすると、必死の抵抗を受けます・・・な、何でやねん。


あ、大人用プールだからかな?幼児用プールに連れていってやろう。アホみたいに混んでるけど・・・


で、幼児用プールに行きましたが、ここでも頑として入ろうとしないキャプテン。


小さいすべり台もあって、普段なら真っ先に飛び込んで行きそうなのに・・・何をそんなに怖がっているんだ?


キャプテン「もうおうち帰る!カングーいこ!」


き、来たばかりですがな・・・仕方ない、抱きかかえて幼児用プールに入っていきますが・・・あまりの恐怖に泣き叫ぶキャプテン!


ど、どんだけヘタレなんだ・・・


昨年みつえ青少年旅行村だっけ?で、水中に沈んだことがトラウマになってるんだろうか?


その後何度かキャプテンを連れて無理矢理プールに入って、水に慣れさせていくことで、最後には怖々ながら自らプールに入れるようになりました。


ちなみに弟の方はプールを完全に満喫しておりまして、幼児用プールは浮き輪なしですべり台滑ったりもしてたらしいです(嫁がついてたので私は見てなかった)。


しかしまぁ子供の面倒見てると全然写真撮ってる余裕ないぜ・・・子供の写真を撮りたいのに。



で、ひとしきり遊んで満足したので、プールから出ることに。


おもちゃ王国の園内には子供が喜びそうなものがいっぱいで、子供達は大いにはしゃぎまわってます。


田舎にある施設のせいか、夏休み中だというのに、それほど混んでる感じじゃないのが嬉しい。


で、目指す場所は「トミカ・プラレール館」。もうね、名前聞いただけでうちの子供達が喜びそうな場所ですよ。


クーラーが効いてる室内なのも嬉しい。炎天下で遊んでられないからねぇ。


で、行ってみると・・・ううむ、さすがに混んでるなぁ。


自由にプラレールやトミカで遊べるんですが、1人がレールとか占有しちゃうと他の子にレールがまわってこない、弱肉強食システムのようだ。


これは下の子はともかく、ヘタレなキャプテンには難しいか・・・


案の定キャプテンはウロウロしてオモチャを見ていますが、プラレールやトミカ本体はまわってこない。


たまたま落ちていたトミカランドのセブンイレブンの店を2つ手にとってウロウロしています。


DSC_0091t.jpg


下の子はディスプレイの中を走るプラレールに夢中。こっちが鉄ちゃんになるかもしれん。


しばらくウロウロしていたキャプテンですが、トミカランドの信号機のついた歩道橋がいたく気に入ったようで、それで遊びたいと言い出しました。


見ると・・・子供がいない。親らしき人が近くにいるが、場所とってるのかなぁ?うーん・・・


キャプテンが我慢出来なくなって、歩道橋をさわりはじめます。それを見た近くにいた親らしき人は立ち上がってどこかに行ってしまいました。気をつかってくれたっぽいなぁ。単にここで休憩してたただけかもだが。


で、運良くお目当ての信号機つき歩道橋で遊ぶキャプテン。ご満悦です。


DSC_0094t.jpg


そして下の子は相変わらずディスプレイされたプラレールに夢中だし・・・


たまに落ちていたプラレールのトーマス(ここではお宝っぽい)を拾って、どうするのかと思ったら近くにいた知らないおじさんに「はいどうぞ」と言って渡していた・・・な、何で!?


つーかそのおじさん小学生の子供連れだったんですが、そこそこ大きくプラレールのレールを繋げてまして、どうやら下の子はトーマスをここで走らせるのが狙いのようです。


怖いもの知らずというか何というか・・・この子は要領よく人生うまく立ち回っていきそうな気がする。



なんせたっぷり遊んで帰路につきました。


帰りは中国道が渋滞だった・・・まぁ覚悟の上だったけど。いつも混むよなぁ・・・






続きを読む
posted by dorirumen at 00:20| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

ひらパー

予定通りひらパーに行ってきました。


ひらパーのまわりに点在する駐車場は大抵1,500円なんですが、一箇所だけ1,000円という破格値の駐車場があって、何とか駐めることが出来た。よかった。


で、園内で早めに食事した後、目的の「きかんしゃトーマス ソドー島ツアー」へ。


室内のアトラクションだったんですが、これが空調効いているのかいないのか、かなり蒸し暑い!


最終日だったので人も多く、熱気が凄いんですよ・・・


まぁそれでも中に入ると、早速トーマスとヒロがお出迎え。


DSC_0036r.jpg


色々な展示物があり、子供が楽しむ仕掛けも多く用意されていたんですが、何せいかんせん人多すぎ&暑い!


DSC_0041r.jpg


そんな中、仲良く手を繋いで歩く子供達。最近仲良しなんですよ。


実物大?のトーマスが置いてあったりするんですが、かなりの行列が出来ていて、しかも流れが悪いのなんの。キャプテンが行きたいというので並びましたが、途中でリタイヤしました。


DSC_0051r.jpg


仕方ないのでスタンプラリーでお茶を濁すことに。これはこれで子供喜んでくれたので良かった。



そんなこんなで、大混雑のトーマスゾーンを抜けて、外に出た時はホッとしたね。他にもトーマスの小型機関車に乗ったり出来るんですが、とてもじゃないですが並んでられなかった。


まぁせっかく来たので、ひらパー内を散策することに。


DSC_0052r.jpg


ひらパー兄さんの立て看板。


キャプテンが蹴っとばしてました


遊園地だけあって、色々な乗り物があるんですが、どれもこれも高い!


観覧車にだけでも乗るかと行きましたが、2歳から有料ということで、500円×4で2千円!観覧車1回2千円!


まぁそれでも行ったんですけどね。乗る時に係員が「ひらパー兄さんがついてますがいいですか?」とか意味不明なことを言ってくる。


よくわからんのでOKすると・・・


DSC_0068r.jpg


なんかゴンドラにひらパー兄さんが!!


中に入ると・・・


DSC_0059r.jpg


ひらパー兄さん!邪魔!


何というウザさ加減。これは酷い。


ちなみに観覧車からの風景・・・


DSC_0065r.jpg


う〜ん、絶景。



この後、園内をブラブラしますが、普通こんなの無料だろ!と思わざるをえない子供の遊具ゾーンに入場するだけで300円とか、何をするでもいちいちお金がかかるのに萎えた。入場料で1500円も払ってるのに、なんで更に金とるかなぁ。


子供が小学生とかになったら、フリーパスとか買って1日遊べそうですが、今は制限も多くフリーパス買うだけ損状態だからなぁ。


仕方なく、かなり早い時間にそそくさと退散しました。


あ、お土産だけ買った。


IMG_0214.JPG


ひらパー兄さん手帳。うん、ひらパー兄さんは面白いんだけどなぁ。それ以外は正直イマイチだった。






続きを読む
posted by dorirumen at 01:26| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

まだふみもみず

天橋立に行ってきました〜。


kyoさんが御朱印集めに行きたいというので、一緒に行くことにしたんですよ。


で、kyoさんの家の近くでkyoさんを拾って、車1台でゴー!ちなみにshinさんはしんどいので今回はパスらしい。


近畿道→中国道→舞鶴若狭道と通って宮津市へ。八尾から途中休憩含めて2時間ちょっとかかった。


そして天橋立の近くの駐車場で駐車。600円。


さて、まずは早速天橋立に行ってみよう。


文殊院を通って天橋立へ。キャプテンはともかく、さすがに1歳児を連れて対岸まで渡るのはしんどいので、橋を渡ったすぐにある天橋立海水浴場へ。


DSa_0003.jpg


海水浴場は初めてなのではしゃぐ子供達。靴の中がヤバそうだ。


DSa_0006.jpg


思いっきり走って盛大にコケるキャプテン。砂の上なので平気。



ここでキャプテンが「せんべい食べたい」と意味不明なゴネ方をしだしたので、近くにある売店で買い食いすることに。


DSa_0007.jpg


名物の黒ちくわを買った。450円。高い。


DSa_0010.jpg


かぶりつく子供達。いや、これ結構うまかったです。さかなくさくて。



その後もなぜか子供達がお腹すかせてるみたいだったので、まずは腹ごしらえということで、近くのお店に入った。


DSa_0012.jpg


鮭・いくら丼を頼んだら、鮭がめっちゃ鮭フレークだったでござる。ちなみに嫁とkyoさんは海鮮丼。子供達はうどんとかま煮。


下の子が暴れるので、味もイマイチよくわからないまま食堂を出た・・・悲しすぎる。



続いて天橋立ビューランドへ行くことに。


リフトとモノレールで行けるんですが、小さい子供がいるのでモノレールにした。


DSa_0016.jpg


前の車両から後ろの車両に乗っていたkyoさんとキャプテンを撮った図。数少ない座席を独占してます。つーかこの時レンズのAFが動かなくて大変だった。


ビューランドに到着して、モノレールから降車した所、係員に声をかけられた。


係員「下の待合室にタオルが落ちていましたが、落とされませんでしたか?」


えっ?あっ、そういえば、下の子の鼻水を拭いたタオルがないわ。


つーかそんな汚いタオル捨ててくれてもかまわないんだが・・・ううっ、どうもすいません。


帰りに受け取ることにして、ビューラントで遊ぶことに。


DSa_0021.jpg


うむ。相変わらず絶景。キャプテンに股覗きさせようとしたけど、意味がわかってもらえなかった。


あ、股覗きしたらどんな風景が見れるかは、ペイントで180度上下反転して下さい。


ちなみに少し前にも、専門学校時代の学友達と天橋立に来たんですが、その時のshinさんの股覗き画像でも貼っておこうか。


IMG_0108.JPG


・・・な、何だろう?なぜか笑いがこみ上げてくる・・・



さて、せっかくなので園内をまわってみます。


つーか子供達大はしゃぎ。キャプテンが「あれ!あれ乗ろっか!」とか言ってくるんですが、最近金欠なので諦めてもらおう・・・


DSa_0022.jpg


トイレに行ってる間に子供達が新幹線の乗り物に乗っていた。あれ?乗せてあげたんだ。


聞くとキャプテンがkyoさんに「お金ちょうだい」とお金をせびって乗せてもらったらしい。ギャース!!ど、どこでそんな言葉覚えてくるんだ!?


この後、ゲーセンで嫁とkyoさんがワニワニパニックで対決したりして、一通り見てまわったので下におりることに。


嫁がキャプテン連れてリフトで降りるというので、私は下の子とモノレールでおりることにした。


モノレール内は結構混雑してまして、私ら親子は普通に立ってたんですが、知らないおばちゃんが「おばちゃんのお膝の上においで」と言われて、下の子は知らないおばちゃんの膝の上に座らせてもらってました。


なんか話しかけられてましたが、隣のリフトを指さして「ぽっぽ、ぽっぽな。ぽっぽ」とか意味不明な返し方しかしてなかった・・・意味わかんないからそれ。



さて、下までおりて嫁達と無事合流。


この後、kyoさんの御朱印集めにつきあうことにした。


まずは西国三十三箇所の成相寺へ。


後でわかったんですが、西国三十三箇所ってどこかで聞いたことあるなぁと思ったら、御詠歌で四十九日の間詠ってたわ。


なんせ天橋立を横目に、湾をぐる〜っとまわって対岸まで車で走ります。


で、成相寺に向かって山道を登っていくんですが、これがかなりの急勾配。


到着したら、入山料として1人500円とられた。高いなぁと思ったが、これは後で納得出来た。


さて、まずは浅田真央そっくりの観音像を横目に本堂へ。


DSa_0028.jpg


本堂。立派です。


ここでお参りしてたんですが、ビックリしたことにキャプテンが手を合わせてお辞儀してるんですよ!


ええー!そんなこと教えた覚えないよ!?いつの間に覚えたんだ?


保育園か?保育園で覚えてくるのか?


何にせよちょっと感激した。成長したもんだぜ。



さて、一旦車に戻って、ここから展望台に向かうことにしました。


せっかく入山料500円払ってるんだから、行ってみないと損だもんね。車で行けるのがポイント高い。


で、いざ向かってみたら、未舗装の山道でしかもかなりの傾斜。


これを舗装するのに入山料とってるみたい。なるほど・・・揺られながら約5分。ようやく展望台に到着です。


で、ここからの眺めというのが・・・



DSa_0029.jpg


実に素晴らしい!!


標高500mの高所から見る天橋立・・・まさに絶景です。



いやぁ、素晴らしかった。景色を堪能したので、次の目的地である籠神社へ。


なんかkyoさん全国一宮の御朱印も集めてるらしいんですが、詳しく聞くと集めるのかなり大変っぽいね・・・


まぁなんせ籠神社行ってみました。ここは前にshinさん達と来た時にチラッと見えた所か。その時は行かなかったんだが、shinさん行っておきたかっただろうなぁ。


駐車場に駐めて(500円)とりあえず行ってみましょう。私らは別に行く必要ないけども。


入り口に手とか清める所が当然あるんですが、そこでキャプテンが「おみずキレイキレイするの」と言うんですよ。手洗いたいってことなんですが、どこで覚えたんだと。前の和歌山旅行の時とかか?


まぁなんせ手を洗って籠神社へ。


DSa_0035.jpg


kyoさんが御朱印かいてもらってる間、ちょっと見て回ってたんですが、なんか元伊勢神社とか書いてある。


なんでも伊勢の神々がこの地から伊勢に移ったという由緒らしい。マジかよ。凄い神社じゃん。



お参りも済んで、後は帰るだけです。


そして予想通り渋滞に巻き込まれました・・・16キロ。


中国道の宝塚のトンネルはいつも渋滞するよなぁ・・・何とかならんもんか。


結局家に着いたのは21時ぐらいでした。


疲れた〜。でも楽しかったぜ。






続きを読む
posted by dorirumen at 23:15| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

篠沢教授に全部

日曜にみさき公園に行ってきました。


実はみさき公園って、ただの公園なんじゃないの?とか思ってたんですが、普通に遊園地なんですね・・・しかも動物園まで併設されているという。


忙しいので簡単に書くことにしよう・・・



開園30分前に到着。入り口近くのベストポジションに駐車出来た。


開園後、ここで乗り物とかに乗るのに使うポイントを購入して、適当に遊具のある所へ。トーマスの遊具があったので、子供達を乗せてみた。


IMG_0149.JPG



この後ジェットコースターへ。身長制限がないので、親同伴なら3歳児でもOK。


チャイルドコースターというのなら0歳児でもOK。下の子連れて乗せてあげた。



ジェットコースターの近くに、トーマスの仲間のパーシィの遊具があった。珍しいので乗せてやる。


IMG_0157.JPG


これが機関車なのにドリフトするという、子供向けにしたってマジキチすぎる動きで、大いに楽しませてくれた。こいつやるなぁ。



IMG_0161.JPG


動物園も併設されてるので、キリンだっている。


子供達も「キリンしゃん!」と大喜びだ。でもゾウさんの方がもっと(ry



イルカショーの時間が来たので、そちらに移動する。


隅っこでしたが最前列で見ることが出来た。


IMG_0162.JPG


意外なほど本格的で、かなり見応えあった。


イルカ賢いし可愛いわ。イルカ喰うなって言ってる人の気持ちがちょっとだけわかった。感情論だ。


そして子供達がイルカショーに魅入っていて、ノリノリで手拍子したりしてるのにちょっと感動したり・・・今までこういうの全く興味持ってくれなかったので。成長したわ〜。



イルカショー堪能した後は食事です。


レストランに向かう途中で、野外ステージにて仮面ライダーWショーをやっていた。


こ、これはラッキーだ!まだ始まって間もないから、見ていくしか!


キャプテン抱っこしてステージの後ろで立ち見を始めたんですが、ドーパントが出てきた瞬間、怖がって暴れ出すキャプテン!


ええ〜、こんなに離れてるのに怖いのか!?まぁshinさんのかぶり物で怖がってたくらいだし・・・


なんせ私の手を振り切り、恐怖の表情で逃げ出します・・・な、何てこった。これじゃしばらくヒーローショーは無理だなぁ。


いや男の子が出来たら一緒にヒーローショーとか観に行くの、ちょっとした夢だったんですけどね・・・残念すぎる。来年ぐらいには観に行けるようになるかなぁ。


ちなみに下の子はあまり怖がってる風でもありませんでした。まぁまだ恐怖の感情が育ってないだけなのかもしれませんが。



仕方ないのでその野外ステージのすぐ側のレストランで食事。こういうレストランの割に、意外と美味しかった。


で、食事が終わって野外ステージを見ると、丁度ショーが終わった所でした。


そして仮面ライダーWのサイン会が始まります。


IMG_0168.JPG


見よ!このシュールな光景を!


ちなみにサイン色紙500円か、グッズ2000円のどちらにしかサインしませんとか言ってた。そ、そうなんや・・・



この後、再度色々な乗り物に乗ったりして遊びました。


苦労して行った山の上にある観覧車のあるエリア一帯が停電になっていたので、スゴスゴ戻ってきたのは悲しかったですが・・・


まぁでも急流滑りとか、なかなか楽しかった。


IMG_0170.JPG



一通り遊びつくしたので、早いうちに退散。15時過ぎると帰りの道がかなり渋滞するそうなので。


つーか昼前ぐらいから人がかなり増えてきた。遠足か何かの小学生の団体とか来てたし。


なんせみさき公園、小さな子供向けの遊具ばかりですが、小さい子供のいる方は結構楽しめると思います。






続きを読む
posted by dorirumen at 23:12| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

男子高校生の日常面白いわ

5日はこどもの日でしたが、kyoさんとshinさんが遊びに来ました。


Wiiが壊れていたままなので、家に来てもすることないぜ・・・一応レンズクリーナー買って試してみたが直らなかった・・・根本的に壊れてるっぽいな。


ちなみにレンズクリーナー買いにミドリ電気行ったんだけど、PS3をマジ買いしようか真剣に悩んでしまったわ。中古のロロナのアトリエ売ってたけど、中古でも結構するのね・・・新品でトトリ待って買う方がいいや。つかスパスト4が欲しいわ。格闘ゲームやりたい。格闘ゲーム。


で、kyoさんshinさんが家に来たんですが、shinさんが大阪プロレスのえべっさんのマスク被って登場。つーか家に入る前から被っていたが、近所に不審者と思われるのでやめて頂きたい。


なんせそんなマスク被ってくるもんだから、子供達が怯える怯える。特にキャプテン。「こわいよ〜、こわかったよ〜(なぜか過去形)」で泣きじゃくる。


相変わらず気が弱いなぁ。下の子はそうでもないんだが。ナイトスクープのガオーさんが来たらどうなるんだろう・・・


あ、shinさんからちょっと遅めの誕生日プレゼントということで、キャプテンに阪急電鉄のプラレール車両を頂きました。ありがとう。子供らそれでめっちゃ遊んでます。



で、kyoさんが見のがしたという仮面ライダードラゴンナイト見て、ピザデリバリーしてもらって昼飯にして、そこから出かけることにしました。やることないし。


行き先は黒滝村。森物語村です。以前吊り橋があったのでshinさんを連れていって怖がらせようとしていたんですが、既に谷瀬の吊り橋も克服してしまって行く理由が無くなってしまった所です。


でもあえてそこにした理由は・・・GWでも比較的空いていて、かつ家からそんなに時間かからない所で、そこが思い浮かんだから。


途中微妙に混んでる所もありましたが、GW中でこれぐらいなら御の字って程度の混み具合で、一路黒滝村へ。


途中日本最古の水の神様っていう神社があったので、有名な神社なのかと立ち寄ってみたが、御朱印帳持ってきてないと言われて速攻出発しました。つーか人もいなさそうな小さい神社だったな・・・



で、黒滝森物語村に到着。さすがGWだけあって、駐車場が満車でした。


1ヶ所空いたんですが、前の車が入れるだろうと思って譲り合い精神発揮していたら、そこにkyoさんがスルッと駐車した。さすが黒い!


で、何とか駐車して、とりあえず吊り橋に行ってみることに。


吊り橋に至るまでが大変なんだ・・・いや子供いなかったら余裕なんですけど、結構階段の1段1段が高いんですよ。キャプテンは登れるでしょうけど、下の子は抱っこしていかないと宇宙的な時間かかるので無理。


それでもようやく上まで上がって、吊り橋に到達します。


shinさんは谷瀬の吊り橋を攻略しただけあって、それほど怖がることもなく吊り橋を渡っていきました・・・やるなぁと思いながらも、一抹の寂しさを感じるのは仕方あるまい。ネタ的に考えて。


逆にキャプテンが最初怖がっていたのにビックリした。いや、高さに対する恐怖感は持ってくれた方が有り難いんですけどね。転落する可能性がグッと減る。しかし谷瀬の吊り橋で走り回ってたのはどこに行ったんだ?


それはさておき、下の子は手に持ったジュースのペットボトルを絶対に離しません。つーかヨチヨチ歩いてるので、他のみんなから離される離される。


まぁそうこうして一往復しました。うん、shinさんが怖がらないので盛り上がりに欠けるね!


下までおりて、芝生の公園で遊ぶことに。プール併設してましたが、さすがに5月では開いてなかった。


木製の遊具がいくつか置いてあったので、それらで遊びながらのんびり時間つぶし。


嫁とshinさんは川に入ったりしていた。川綺麗だもんなぁ。でも濡れると面倒くさいので俺は入らない。


子供も川には興味シンシンだったので、川に飛び込まないかヒヤヒヤだったわ。


ちなみに早速バーベキューやってる家族連れもいた。羨ましいが、小さい子供連れではキツいわ。火傷しそうだし。


なんせそうやって遊んでいると、キャプテンの顔が赤くなっているのに気づく。熱中症か?心なしか元気がない。


これぐらいで切り上げようということになり、帰り支度を始める。


ここでshinさんが木製の三角の遊具に登り始めた。で、頂上まで行った時に、kyoが下からshinさんの足を引っ張る!!



IMG_0142.JPG



アウチ!!



・・・わ、我ながら素晴らしい写真が撮れた。AVのパッケージ写真のようだ。


この後、道の駅に寄ってキャプテンにアイスを与えて、下市でこんにゃく買ったりしてから帰りました。


楽しかったが、これでGWが終了と思うと悲しくなるぜ・・・






続きを読む
posted by dorirumen at 22:51| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

GWで結構太った気がする

GWが終わってしまった・・・もうダメぽ。


いや、もうね、連休は人を駄目にするね。全然やる気出ない。


でも仕事は大量にあるワケなので、強制的にやる気出すことになる。くそぅ。


まぁそんなGWボケ状態ですが、とりあえず簡単に日記を書いておく。




3日ですが、子供達を実家に預けて、久しぶりに夫婦でツーリングに出かけました。


実は2週間ほど前からバイクに久しぶりに乗ってます。といっても会社に行ったり、仕事先に行ったりでしたが・・・


それでもやっぱり楽しくて、今後もボチボチ乗っていきたいなぁと・・・しかししばらく乗ってなかったら、最初の始動がヤバかったです。バッテリー充電したんですが、そのバッテリーが切れてしまう直前でようやくエンジンがかかった・・・ギリギリだった。やっぱ普段から乗ってないとあかんわ。



で、ツーリングの行き先ですが、道の駅ふたかみパークの近くにある「もんちっち3」でモーニング食べて、竹ノ内街道走って道の駅「近つ飛鳥の里太子」行って、帰りに24号の天下一品でラーメン喰って帰ってくるというルート設定で出発しました。


嫁がピカピカにバイクを磨いてくれたので、非常に気分よく走れます・・・ありがとう嫁よ。


で、高田バイパスを抜けて当麻寺の方へ。この辺結構混雑してます。さすがGW。


とはいえ意外とすんなり「もんちっち3」へ。この店は前を通る度に気になってたんですよ。フルーツの美味しい喫茶店みたいなんですが、いつも駐車場は満車で繁盛してます。ちなみに「もんちっち」は1とか2もあります。どこにあるかは調べてませんが。


テラスの席に座って、モーニングメニューを見ると、そこそこ種類があって選択に苦悩する・・・ううむ、どれもこれも美味そうだ。


普通のトーストにオムレツのセットに自家製いちごジャムを追加してオーダー。



IMG_0139.JPG


で、これがそのモーニング。写真はサラダをちょっと食べてから撮ってしまった。


そしてこれが・・・これがもう!!マジでめちゃうまい!!


フルーツをウリにしてるだけあって特にフルーツ系がヤバいぐらいうまかった。ジャムもうまい。トーストにオムレツのっけて喰っても最高!


うむ。かなり満足度高かった。また来よう。




で、もんちっち3を出て、竹ノ内街道へ向かいます。


これが・・・さすがGWというか、かなり混雑していた。


おかげで気持ちよく走れるハズが、爽快感がかなり削がれたよ・・・いい道なんだけどなぁ。


道の駅も満車だったので、スルーして近所のコンビニに入ってしまった。


しかしこの後どうしよう・・・戻るにしても、竹ノ内街道の奈良方面向けは大渋滞だったから通りたくないぞ。


iPhoneのGoogleマップでルートを検索します。便利だわ。


千早赤阪からR309で御所に抜けるルートがあるな・・・よし、これでR42まで戻ろう。



ガソリン入れて、途中道に迷って変な公園に迷い込んだり(ここでナンシーさんに遭遇した)しつつ、何とか千早赤阪に向かいます。


これが・・・結構風光明媚というか、これ本当に大阪府か?っていうような風景だった。


ワールド牧場とか看板あったなぁ・・・今度行ってみたいな。まぁそんな牧場があったりするぐらいだから、いい風景なのは何となく解ると思う。


途中キチガイじみた追い抜きかけてきた白ヒゲのジジイの運転する軽自動車がいたりしたのが残念だが・・・



でR309へ。これが、かなりツーリング向きのいい道だった!


爽快感あるわ〜。途中のトンネルが暗くて怖いけど、非常に楽しく御所にたどり着きました。これはいい道を見つけたぜ!


お腹が減ってなかったので、天下一品は後で子供を迎えに行く途中で行くことにして、今回はそのまま家に帰りました・・・




そして数時間後、車で実家に向かう途中、桜井の天下一品のこってりラーメン久しぶりに食べた。5年ぶりぐらいだろうか・・・


久しぶりなので無茶苦茶うまかった。やっぱ天一はうまいわ。



なんせ久しぶりのツーリングでしたが、かなり満足度高かったです。






続きを読む
posted by dorirumen at 22:45| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

ヨーデルの森

日曜に神崎農村公園 ヨーデルの森に行ってきました。


兵庫県でもかなり西の方に位置してるので、車で2〜3時間かかってしまいますが、まぁ小旅行気分で。



8時ぐらいに家を出て到着したのは11時。駐車場にはそこそこ車が駐まっていますが、ダダ混みってほどでもなかったので一安心。


とはいえレストランとか少ないので、先に昼食を食べることにしました。バイキングレストラン。


これがまぁ並べられてる料理どれもこれもマジうまい!


バイキングレストランでここまで美味しいの食べたの初めてかもしれん。食材がいいんだろうな。


子供が騒ぎ出したので、全然ゆっくり食べられなかったのが残念・・・つーかキャプテンがジュースをひっくり返してのぅ・・・



まぁ腹ごしらえも終わって、園内を散策してみます。


DSC_0250.jpg


羊やら山羊やら馬やらペンギンやらがいて、簡単な柵の向こうで放し飼い状態になってまして、さわったりエサ(有料)をあげたりが可能になってます。


それらを見ながら目的の動物の所に向かいます。


その動物とは・・・・



DSC_0261.jpg


アルパカ!!



って、ここのアルパカえらく男前です。何なんでしょうこのにくいあんちくしょう感は?ミラバケッソのくせに!


先週のナイトスクープ見てたら、タイムリーなことにアルバカに嫌われる女性が出てまして、唾を吐きかけられてましたが、近づいて大丈夫なんだろうか・・・


私がそうやって躊躇してる間に、嫁がキャプテンつれて、アルパカにエサをあげようとしてました。行動早ッ!


DSC_0288.jpg


へっぴり腰のキャプテン。怖いみたいです。そらまぁ未知の動物だからなぁ。


ここには白パカ・黒パカ・茶パカ・ねずパカの4匹がいたんですが、茶パカがエサ持ってるとわかると突進してきまして、その後も執拗に狙われてました。


13時半から「アルパカのお散歩」というイベントがあるらしく、柵から出てきたアルパカに触ったり抱きついたり出来るそうな。これは楽しみだ。


それまで時間を潰そう。近くに芝滑りがあったので、やってみることにした。20分300円。


芝といっても人工芝なんですけどね。山の斜面を利用して、なかなか本格的です。


DSC_0310.jpg


子供大はしゃぎです。特にキャプテン。


何度も何度ももう1回やりたいとせがんでくる。正直上まで登るのがしんどいんですが・・・


そして最後にはソリを使わず自分の身1つで滑り降りていった為、切り上げて終了しました。


そしてまだやりたいと駄々をこねて泣きわめくキャプテン・・・自業自得!



ソフトクリームをあげてなだめた後、オムツを替えたりしているうちに13時半になりました。


さぁ、アルパカが出てくるよ!!




DSC_0328.jpg



人多ッ!!!



な、なんじゃこりゃ・・・どこから人が沸いてきた?


なんかひこにゃんの登場を思い出すわ。つーかアルパカ大丈夫なのか?一応リアル動物だし。


この激混み状態でも、どこぞのおばちゃんがアルパカに抱きついて写真撮影したりしてる。すげぇ根性だ。人の迷惑とか子供に譲ろうとかいった感情が微塵も見えやしねぇ!


キャプテンが怖がってるので、大人だけアルパカを触ってきましたが、もうねふっわふわ!


なんじゃこりゃ!誰かパカ毛で服とか作ってくれ!凄い気持ちよさそうだ!


混んでるので抱きつくとか出来なかったが、おばちゃんの気持ちも理解出来なくもないわ。アルパカふわふわだよアルパカ。



さて、せっかくなので他の所もまわってみよう。


山羊のいるエリアは柵に囲われているんですが、自由に入っていくことが出来るんですよ。


で、キャプテンが入りたいと手をひっぱってくるので、一緒に入ってあげたんですが・・・



DSC_0339.jpg


入った途端、怖がって泣き出すキャプテン。最初から入りたがるなよ!


仕方ないのですぐ出たんですが・・・



DSC_0343.jpg


柵越しに睨み合うキャプテンと山羊。つーかキャプテンめっさ怖がってます。



この後、SL風の遊具で遊んだり


DSC_0347.jpg


お土産買ったりしてから帰りました。


2時半ぐらいに出たんですが、案の定中国道の宝塚付近で渋滞に巻き込まれた・・・まぁ8キロぐらいでまだよかったんですが。もっと出るのが遅くなってたらヤバかっただろうな。


まぁなかなか楽しかったです。子供がもう少し大きくなれば、もっと色々と楽しめると思う。また来たいです。






続きを読む
posted by dorirumen at 22:14| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

和歌山旅行2日目

さて2日目。


朝6時に起きて風呂入って、飯喰って、それから出発という流れでいく予定です。


予定通り6時に起床し、野郎共はまたしても忘帰洞へ。嫁は下の子をつれて玄武洞に行くそうです。玄武洞も洞窟温泉ですが、忘帰洞ほど広くないそうな。ホントいろんな温泉があって、1泊ではまわりきれん。


さて、上の子つれて忘帰洞へ。子供は洞窟温泉初体験で、もっと大はしゃぎするかもと思っていたんですが、フーンって感じでした。もっと感動しろよ!


その忘帰洞、ちょっと沖合に岩場があるんですが、そこに釣り人がいて釣りしてました・・・問題はそこから女湯が丸見えなんじゃね?ってことですよ。いいのかあれ?


暴れる子供をまたも3人がかりで無理矢理着替えさせて、部屋に戻ったら朝食です。朝食に行けるようになったのが既に出発予定時刻の8時なんだが・・・


朝食もバイキング形式だったんですが、昨晩子供を抑えつける効果大だったメロンがなかったので、なかなか壮絶な朝食だった・・・まだバイキング形式でよかった・・・普通の旅館みたいな朝食だったら、もっとヤバかっただろうな。


で、結局ホテル浦島を出たのは10時前でした。予定より2時間オーバーだぜ!ヒャッハー!


そして帰りの船の中で、shinさんの社会の窓が全開だったぜ!HAHAHA!



嫁の運転でR42を白浜に向けてひた走ります。


途中橋杭岩に立ち寄ったんですが、白浜からの帰り運転するつもりだった私は、寝て体力温存してました。


それにしても相変わらずR42は素晴らしい。海岸線を走り抜ける感覚が十分に味わえます。バイク乗りたいなぁ。


で、昼食ポイントの「とれとれ市場」に着いたのが既に12時すぎ。途中若干迷ったがiPhoneのナビ機能で事なきを得たぜ!


そういやshinさんの携帯もナビ機能ついてるとか買った時自慢してたんですが、お前それauナビウォークじゃねぇか・・・有料だしイマイチ使えないしで、正直いらん機能だぞ。


それはさておき、とれとれ市場ですが、3連休最終日の昼飯時ということで人でごった返してました。


食券買うのも結構並ばないといけない始末・・・まぁ流れはスムーズだったので、意外と早く昼食にありつけましたが。


海鮮丼が非常にうまそうだったんですが、人が食べてる海老天丼があまりにうまそうだったので、海老天丼を購入。


これが予想通りうまかった!嗚呼、どんぶりもの最高だぜ。


そして海鮮焼きも食べた。ホタテのバターしょうゆ焼きと海老の塩焼き。最高すぎるだろ。


ただ混んでるからって、こっちが食い終わってないのに、横で席が空くのを待つのはやめてくれ。急いで食わざるをえないじゃないか。海鮮焼きを急いで食ってエビの殻が歯に挟まって痛い。ムカつく。


ここではあとたい焼きとソフトクリームを食べた。くそぅ、どれもうまいぜ。


だが美味しく食べていたら、既に2時ぐらいになってるんだが・・・今からアドベンチャーワールドに行くのもなぁ。


渋滞情報を聞くと、阪和道は20キロの渋滞とか言ってる。むむ・・・これは早く帰ったほうがいいな。


千畳敷だけ寄って、それから帰ろうということになり、一路千畳敷へ。


それにしても白浜の町は、いかにも観光地って感じがしてワクワクするね。



さて、千畳敷に到着しました。


DSC_0204.jpg


う〜む、相変わらず凄い景色だ。


上の子を解き放ってやると、ズンズン海に向かって進んでいく。途中切り立った崖みたいになってる所が多く非常に危険です。


手を繋いで下の方までおりて、今度は別のルートで登っていきました・・・これがもう自分の身長の倍ぐらいの高さを、平気でよじ登っていく子供の強靱さにあきれたわ。追いかけてるこちらがヒーコラ言ってしまうぜ。


車に戻って出発しようと思いましたが、まだ遊び足りないと駄々をこねる我が子・・・弱ったなぁ。


DSC_0205.jpg


今度は嫁が連れていってあげました。昨日に比べて今日は車での移動ばかりだからな。子供もストレスだったんだろう。


それにしても下の子は大人しいな・・・と思っていたら、翌日から熱を出しちゃったんですけどね。無理させすぎたか。



さて、帰路につこう。渋滞は23キロまでのびてるぜ!怖いのでガソリンを入れていこう。黄砂で車が無茶苦茶汚れているから、ガラスだけでも拭いてほしい・・・と思ってたら拭いてくれませんでした。おのれエネオス。


それにしても・・・阪和道に乗る前の下道の状態で凄い渋滞なんですが・・・なんじゃこりゃ?


途中kyoさんがお腹こわしてやばいし・・・


阪和道にのっても、渋滞でピクリとも動かないことが続きます・・・おいおい、レンタカー10時までに返さないといけないのに、間に合うのか?


途中SA寄りましたが、時間短縮の為に夕食は車内で食べられる簡単なもので済ましました。パンとか。


それでも・・・ギリギリすぎる。つーかもう間に合わないかも?


気を紛らわせる為に、古今東西ジャンプの漫画ってのをやったんですが、これが大いに盛り上がった。


寝てもらう予定だった、嫁やkyoさんもずっと起きっぱなしでゲームに参加してました・・・大丈夫かいな。


つーかkyoさん、俺は一般人だよ?みたいな顔して一番濃いわ。shinより濃かったかもしれん。なんでそんなこと知ってるねんという知識量。さすがだよ。


海南を過ぎると、ようやく車が流れはじめました。ようし、何とか間に合うか?


橿原まで寄って、私らとshinさんをおろして、チャイルドシートを外して、kyoさんに八尾のレンタカー会社まで行ってもらいます。たのんだぜ!


結果ギリギリ返却が間に合いました。


ガソリン入れてる余裕なくて、でも注文していたチャイルドシートがついていなかった件で、ガソリン代は無料になった。メリットメリット!


なんせお疲れ様でした。2日目は予定通り進行せず時間に追われてばかりでしたが、それでも全体通してみたら楽しかったです。


疲れて現在ちょっと風邪気味ですが、満足ですわ・・・






posted by dorirumen at 22:38| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

和歌山旅行1日目

21日・22日で和歌山に行ってきました。


20日の22時にkyoさんにレンタカー借りてきてもらって、そのままkyoさんはうちに来てお泊まり。


ただ、日産レンタカーがチャイルドシート2つ付け忘れていたようで、仕方ないのでうちのチャイルドシートをカングーから移設しましたよ。雨の降る夜中に。日産レンタカーめ。


ちなみにこの日の夜、橿原市はそりゃもう家が揺れるほどの大変な暴風雨で、いわゆる春の嵐ってやつですな。土砂崩れでR168が通行止めになるんじゃないかとか、色々と心配になりましたよ。


そして嫁は夜遅くまで、子供のリュックサックを作ってました。全然寝てないぞ・・・



なんせ一夜明けて雨はあがったんですが、レンタカー(銀のセレナ)が激しくドロまみれに。


つーか視界が悪い。たぶん黄砂。太陽が肉眼で薄ぼんやりと見える程度とか、どんだけ黄砂運ばれてきてるんだよ・・・



私の運転で10分ほど遅れて出発。


shinさんとの待ち合わせの御所駅にも10分ほど遅れて到着。


shinさんの姿を見かけたので、手をふったら気づいた様子なので安心していたら、なぜか逆方向に走り出すワケわかんなさは健在だ。


途中五條のマクドで朝食を購入。子供達にハッピーセットを買ってあげたら、ついてたドラえもんのオモチャを2日間の旅行の車中でずっと遊んでたので助かったわ。やるなハッピーセット。



で、快調に走って十津川村へ。谷瀬の吊り橋に到着。予定より少し早いぐらいで、8時過ぎに到着した。


朝早いからまだ誰も来てないのでは?と思っていたら、既に結構駐車場に車は駐まっていた。くそ。あわよくば無料で駐められるかも?と思っていたのに。


で、谷瀬の吊り橋です。


DSC_0189.jpg


相変わらず高い。風も強いので、これは怖いぞ〜。


・・・とか思ってたら、もうホントビックリするぐらい怖くなかった。スカイアドベンチャーで鍛えられたんだなぁ。マジでハーレーで渡れるわ。


上の子だけ連れてきてたんですが(下の子は車で睡眠中)、もう大喜びでわざと床板を踏み外して金網を歩いたり、ほっとくとマジやめてくれ!と叫びたくなるような無茶っぷりだったので、必死で押しとどめながら渡りましたよ。


ちなみに注目のshinさんですが、多少遅れはしたものの、ちゃんと渡りきりました。素晴らしい。高所恐怖症は確実に攻略しつつあるね!


なんせ1往復だけして出発しました。先を急ぐもので。



168号は酷道と言われていたので、相当ヤバい道なのかと内心ドキドキしていたんですが、実際はちょっとキツいなと思うような狭い所も数カ所しかなくて、むしろ走りやすい道でしたよ。


黄砂で視界がモヤがかかっている感じだったのが残念なほど、道中の景色もよく、桜も咲いていて楽しませてくれました。


そして非常にスムーズに熊野本宮大社に到着。10時ぐらいに着いた。



子供達が寝ていたのと、嫁も寝不足で限界なので寝るということで、私とkyo・shinの3人で熊野神宮大社へ行くことに。


5年ぶりぐらいに来たら、なんかだいぶ雰囲気が変わってた。ちょっと栄えたなぁって感じ。


ちょっと離れた所に大鳥居なんかもあって、こんな所にこんなのあったっけ?って感じ。


なんせ長い階段を上って、本殿に向かいます。


DSC_0193.jpg


DSC_0194.jpg


中はこんな感じ。お参りしておきました。


社務所でkyoとshinは御朱印もらったりスタンプ押したり。暇なのでお守りを見ていると、ランドセル守りなんてものがあった。ミニチュアランドセルでなかなか可愛い。買わんけど。



車に戻ると子供達も起きていたので、みんなで大鳥居まで行ってみることに。


カメラ持っていってなかったので写真ありませんが、大鳥居と言うだけあってホントにデカい。前来た時これあったっけ?記憶にないわ。


途中飛んでるトンビを見て、「あっ!ワンワン!!」とか言い出す下の子。1歳児には動物はみんなワンワンでいいらしい。


大鳥居の下はちょっとした広場になってまして、上の子がはしゃいで走り回ってました。


で、子供達ですが帰りに元気が有り余っていたのか、追いかけゴッコを始めてしまいまして、上の子が脇道に逸れたかと思うと、雨が降った後の田んぼに、躊躇無く入っていって靴が泥まみれに!!



ギャース!な、何をするだァー!!



慌ててとっ捕まえて連行。よかった予備の靴を持ってきておいて・・・



なんかドッと疲れた気がするが、気をとりなおして次に行ってみよう。


1日目は余裕あるスケジュールだったので、予定よりも早く出発出来た。昼食も余裕もって食べられるな。



で、熊野神宮大社を出て、ほどなく昼食を食べる予定の「杜の郷」に到着。10分ぐらいだった。


外観はちょっとオサレで、子供連れで入るのが躊躇われたが、中に入ると子供が遊ぶスペースとか設けられてるのを見てちょっとホッとした。子供OKってことだもんね。


子供を挟み込む形で席について、焼き肉定食と子供達にピザとポテトを注文。shinとkyoは1900円もする熊野牛ランチを注文。クソッ!独身貴族どもめ!


食事が出てくるまでちょっと時間かかったが、何とか子供をなだめながら、ようやく料理が届いた。


で、食べてみると・・・うん!なかなかうまい!


ちなみに1900円の熊野牛の方は、かなり柔らかくて相当うまかったようだ。くそが!


客がもう1組しかいなくて、その1組も赤ちゃん連れだったから、子供が多少騒いでも大目に見てくれる雰囲気だったのがよかったなぁ。つーか子供歓迎なんだろうか?後から来たもう1組も子供連れだったし。


なんせ熊野で子供連れでの食事に、「杜の郷」ちょっとオススメです。



さて、腹もふくれたし出発。


続いては新宮まで行って、熊野速玉大社へ。kyoとshinが御朱印もらってた。


それからバイパス走って那智の滝へ。


うん、やはりここまで来たら那智の滝まで行かないとね。


向かう途中の道の脇に立つ電柱に、那智黒の看板が目立ち始める・・・っていうか、全ての電柱に那智黒の看板がついてる。


那智黒と言えば、ババアと黒人が踊るCMが印象的だったが、那智黒だから黒人使うとか、今では考えられないフリーダムさだ。


ちなみにkyoさんが「あのババアは100%死んでる」とか言ってたが、死んでるとか言ってやるなと。誰しもそう思うけども。



そんなこんなで那智の滝の近くの駐車場に車を駐めた。1回500円。


で、那智の滝の近くまで階段を下りていくと神社があるんですが、これが熊野那智大社かと思ってたら違うんですね。


熊野那智大社は逆に階段を上っていった所にあるらしいです。青岸渡寺といっしょに。


階段おりた所にあるのは飛瀧神社。そこそこの段数あるので、子供を抱っこした状態で往復するのは辛かったぜ・・・


DSC_0195.jpg


これが飛瀧神社から撮った那智の滝。子供が走り回るのを抑えながら無理矢理撮影。



で、kyoとshinが御朱印集めの為に熊野那智大社と青岸渡寺に行くというので、階段を上っていくことに。


途中の案内図を見ると、かなりの距離があることが判明。どう考えても子供連れでは厳しい。


まぁ行ける所まで行ってみるか・・・と、いうことでkyoとshinは先に行ってもらって、えっちらおっちら追いかける形で上っていきました。


これがまぁ・・・かなり急な階段で・・・


DSC_0200.jpg


こんな感じ。これを15キロの子供抱っこしたまま上っていくんですよ。


上の子は自分の足で嬉しそうに上っていくんですけどね。さすがに1歳児の下の子は無理なようで、数段上るだけで限界のようでした。


つーか下の子は普通だと思うんですよ。階段の段差が子供にとってはかなり大きいので、大人でも自分の腹ぐらいの位置にある段差を越えていこうと思ったら大変じゃないですか。


問題は上の子で、段差をものともしないというか、結局大人でも大変なこの階段を1人で往復してました。しかも全然余裕って感じで。どんなスタミナやねん2歳児・・・


って、今考えてみたら、おろしたての慣れてない靴だった上に、足の親指の爪が割れて怪我してたわ上の子。そんな状態でよくあの階段行ったな・・・



なんせ大人はヘトヘトになりながら、途中の三重の塔までたどり着いた所で引き返すことに。


DSC_0199.jpg


三重の塔で撮った写真。バックに那智の滝が見えますが、かなり上ってきたのがわかります。



駐車場近くまでおりてきて、那智黒味のソフトクリームを買った。写真撮るの忘れたけど、黒っぽいソフトクリームなんですよ。ほとんど上の子が食べた。



shin・kyoと合流して、続いて大門坂へ。


DSC_0203.jpg


近くに車駐めて、私とshinだけで行きました。


嫁とkyoさんは車で留守番。そういやkyoさん腰を痛めていて、歩くのも大変な状態なんですよ。よくさっきのとこ熊野那智大社まで行ったな・・・




時間はまだ3時過ぎでしたが、ホテル浦島に向かいました。


かなり予定より早く着くことになるが、その分ホテルでゆっくり出来る。ビバビバ。


駐車場まで行って、マイクロバスに乗り換えて港まで、そこから船に乗り換えてホテル浦島に到着します。


子供達にとってはバスも船も初めての経験。なぜかバスの方が喜んでた。


チェックインを済ませて部屋に向かいます。寝不足の嫁はここでダウン。夕食まで寝ておくことに。


部屋にウルトラ怪獣のソフビを置いておくshinさん。買ってきてくれてありがとう。でも邪魔だった。子供怖がって触ろうとしないんだけど・・・


私とkyoとshinで子供達を連れて、とりあえずひとっ風呂ということで、日本一長いエスカレータに乗った先にある、山上の露天風呂へ!


IMG_0059.JPG


こちらがそのエスカレータです。なんか前に来た時の方が長く感じられた。こんなに短かったっけ?子供が嬉しそうなのでよかったですが、上の子は喜びすぎて暴れるので危険だったわ・・・


そして風呂。ここの風呂は全体的にあまり熱くないのが嬉しい。子供も余裕で入れる。


つーかさっきの階段の付疲れが吹き飛ぶわ。マジ気持ちいい!温泉最高!!


まぁ子供がいるおかげで、せっかくの景色をあまり楽しめなかったのが残念だが・・・


そしてここからが本当の地獄だった・・・なぜか上の子が、服を着るのを嫌がって、無茶苦茶苦労した・・・


夕食の時間が迫っていたので、早く着替えさせないといけないのに、徹底的に抵抗するもんだから、泣きわめく子供を大人3人がかりで無理矢理押さえつけて着替えさせるハメに・・・ちなみに下の子は大人しく着替えさせてくれました。


エスカレータの帰りでも、エスカレータを上っていきたい上の子が泣きわめいて大変だった・・・もう勘弁して下さい。


なんかもうkyoさんshinさんには迷惑かけっぱなしで申し訳ないです。この騒ぎでかなりグッタリしたわ。


で、夕食。ホテル浦島名物の安っぽいバイキングです。


焼きそばはたぶん日清焼きそばだな。この安っぽい味がたまらん。


子供達も喜んで食べてくれました。つーか焼きそばとメロン食べすぎ!!特に上の子がもうビックリするぐらい食べる。大人ぐらい食べる。この子が高校生になった時のエンゲル係数が心配で心配で・・・


つーか3歳未満は無料なんですよね、ここのホテル・・・すいません、食べすぎまして。でも私と嫁が子供の世話であまり食べられなかったので許してほしい。


特に嫁は体調悪くで全然食べられなかったみたいでした。しょんぼりだ・・・



この後、ちょっと早いが、子供を寝かしつけることに。疲れていたのか結構早く寝てくれました。


寝ている間にホテル浦島最大の名物「忘帰洞」に行こう。ここの洞窟温泉がホント最高なんですよ。


行く途中でkyoとshinに出会った。アホみたいに広いホテルなので移動にかなりかかるんですよ。なんか呼んでくれてたみたいだけど、気づかずに寝ていたみたい。ごめんよ。


まぁ1人でりんびりと忘帰洞を堪能しました・・・気持ちよかった。


それからkyoとshinの部屋でまったりテレビ見て過ごした。


あっ、後で嫁も起きてきて忘帰洞行ってました。


このホテルちゃんと堪能したかったら、最低2泊いるなやっぱ・・・






posted by dorirumen at 23:53| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

子供に「せんせい!」と呼ばれた時のこの感覚は何?

月曜に交通科学博物館に行ってきました。


いやUSJでkyoさんと交通科学博物館の話になって、ちょっと面白そうに思ったので急遽行くことにしたんですよ。


なんせ現在キャプテンは将来てっちゃんになることが約束されてるような電車好き。交通科学博物館なんて行ったら大喜びするに違いないと思って連れていってあげました。



道に迷いながら何とか到着。急遽思い立ったので、閉館まであと1時間半という時に来てしまった。


JR弁天町駅の高架下を利用してるのね・・・博物館にしては手狭だけど、なかなかうまく作られてるわ。


弁天町駅の改札で、普通の切符と一緒に入場券が売ってる。大人1枚400円。安い。


駐車場から来たので北入口から入ったのですが、一旦陸橋通って本館に移動します。


入った途端何やらイベントをしているようなので、そこに行ってみると・・・



DSC_0038c.jpg


おお!鉄道模型じゃないか!!


一度子供達を鉄カフェに連れていってやろうと思ってたんですよ。でも一応カフェなので騒ぎ出したら困るなぁと思いなかなか連れていってあげられなかった・・・でもここで見れるならその方がいいや!


しかもこの鉄道模型、ちゃんと昼夜の区別があって、夜になると暗くなって寝台特急とかが走ったりする。面白いなぁ。



DSC_0033c.jpg


子供達も釘付けでした!


特にキャプテンは普通の電車が来たら「でんしゃ!」、新幹線が来たら「しんかんしぇん!」と言って、ちゃんと区別がついてるようです。


ただし絵本にのってる新幹線しか区別出来ないらしく、後で見る0型新幹線などは「でんしゃ!」と言ってましたが。


結局最後まで見入ってしまいました。下の子は途中で飽きたのかテクテク別の所に歩いていったりしてましたが・・・



さて、一通り終わったみたいなので別の所を見よう。


展示物が所狭しと並べられています・・・一応電車だけでなく、他の交通機関の展示もしてます。



DSC_0043c.jpg


これはホンダドリーム号。実は私にとってかなり思い入れのあるバイクなんです。



CA3B0023.jpg


実家にまだ残っていたホンダドリーム号のブリキのオモチャ。遊び尽くしてボロボロです。子供の頃このオモチャが本当に大好きで、私のバイク好きの原点とも言うべきものかもしれません。


ホントこれでばっか飽きもせずずっと遊んでたなぁ・・・ホンダドリーム号見るとノスタルジックな気分に浸ってしまうわ。


ちなみにうちの子供達は、このオモチャに見向きもしませんでした。ションボリ・・・父から子に受け継がれていくホンダドリームってなんか様になるのに。



DSC_0039c.jpg


飛行機まである。近くに航空機のエンジンまで展示してあって、なぜか嫁が熱心に見入っていた。



DSC_0044c.jpg


そして0型新幹線。懐かしい!何となく「日本!」って感じがする。


kyoさんの話だと中に入れたそうなんですが、入り口は見つかりませんでした。



ジックリ見てる嫁を尻目に、子供達の興味は次から次へと変わっていくので、このあたりで遂に別行動になってしまった。つーか走り回る子供2人の面倒を1人で見るの大変なんですけど?


そして外に飛び出すキャプテン。ギャース!・・・と思ったら、屋外展示場でした。



DSC_0049c.jpg


SLが展示されてます。車体正面にはD51の型番が!デゴイチじゃないか!!


嬉しいなぁ。子供の頃憧れだったんですよデゴイチ。


間近で見るとやっぱ迫力あるわぁ。格好いいわぁ。


キャプテンも「ぽっぽ!(鳩山首相ではない)」と言いながら嬉しそうに走り回ってます。よかったなぁ。


客車のほうも雰囲気あってシブい。ちくしょう、乗ってみてぇ!



DSC_0055c.jpg


機関室には乗れました。嗚呼、格好いい、格好よすぎる。



この後、一旦館内に戻って嫁と合流。土産物屋(電車のチョロQとかあった)とか物色した後、再び屋外に戻ってきた。



DSC_0058c.jpg


SLを停めてある雰囲気ある駅のホームをはしゃぎながら走り回るキャプテン。お〜い、危ないぞ〜




ゴイン!!!





ウギャアアアアア!!キャプテンが手すりの角に思いっきりぶつかった!!!


もんどりうって倒れるキャプテン!そしてウギャー!と泣き出します。


血の気がひいたね。先ほどの写真の左端に手すりの端の部分が見えると思うんですが、そこに突き刺さる形で顔をぶつけたんですよ。


何という注意力散漫・・・そして幸いにも、あれほどの勢いでぶつけたのに、傷1つありませんでした。よかった〜。


しかしいい気分で遊び回っていたのが台無しだ。シクシク泣きながら抱っこを求めてきます。


まぁテンション高すぎたので、むしろこれぐらいの方が楽でいいんだけども・・・



そうこうしてるうちに閉館時間がせまってきたので、気を取り直して館内に戻ります。



DSC_0070c.jpg


新幹線の乗り物?に乗せてやる。定員オーバー。


陸橋を渡って北出入口付近まで戻ります。


ここにも屋外にディーゼル車やら展示してあるんですよ。もう時間なくて見れなかったけど。


ただここには踏切が1つ置いてあって、ボタンを押すと動き出す仕組みなんです。そしてなぜかうちの子供達は踏切が大好きで、いつも「カンカンカン!」とか言いまくってるんですよね。しかもピンポンボタンも大好きで、その大好きな踏切とボタンのコラボという夢のような状況に遭遇してしまったワケですよ。


これは大喜びで遊びまくるだろう・・・と思ったんですが、既に閉館時間で駅員の格好した係員がやってきます・・・


ざ、残念だがとっとと離れないと・・・嫌がるキャプテンを無理矢理抱っこして出口に向かいました。


あとは駐車場までキャプテンがグズるグズる・・・戻せ!俺はあの場所に住むんだ!と言わんばかりで暴れまくりです。下の子は特にグズることもなく素直だったんですが。


まぁそんなに気に入ったんなら、また今度連れていってやろう。今度は時間に余裕もって行かんとね・・・


なんせ子供はかなり大喜びな空間だったことが解った。帰りが大変だが、朝から行って疲れて眠った所で帰るのが一番よさそうだ。






続きを読む
posted by dorirumen at 22:22| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。