2009年01月20日

We're all 'GOLDEN EGGS'

The World of GOLDEN EGGSのDVDを買ってしまいました。


日産NOTEのCMで一躍有名になった、トゥーンレンダリングのアニメです。「ブラじゃないんだよ〜」ってやつですな。


前々から興味はあったんですが、DVD結構高いしTUTAYAに置いてないしで散々迷ったんですが、結局購入。



で、早速DVDの1巻・2巻を視聴。


1巻に6話、2巻に7話入ってる。全13話のようだ。


そしてSEASON2が13話で、全26話あるみたい。



で、視聴した感想ですが、かなり面白い!!


大爆笑ってワケではないんですが、クスクス笑ってしまう。


何がおかしいのかわかんないんですが笑ってしまう。そんな不思議な作品。


ちなみに私、ずっとアメリカのアニメだと思っていたんですが、思いっきり国産でした。


確かにねぇ。このセンスはアメリカ人には出せないわ。


ちなみに声優はLARRY(ラリー)とMONICA(モニカ)の2人が全キャストを担当。


プロの声優ではなく制作のPLUS heads.のスタッフらしい・・・すげぇ。


っていうか、セリフのほとんどがアドリブらしい。往年の広川太一郎を思い出すなぁ。



ちなみにお気に入りキャラは七面鳥のポール。オレ特攻隊長で行きますんで〜。



なんせオススメの作品です。






続きを読む


posted by dorirumen at 21:46| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

セントリーノセントリーノセントリーノ

寒いです。


なんか急激に気温が低下して寒くなりました。


そのせいか息子が風邪ひいちゃいまして、鼻水たらしてたので病院へ。


しかし熱38度超えてたんですが、子供は元気だよねぇ・・・走り回っていつもと変わんないし。鼻水出てなかったら風邪とわかんなかったよ。


なんせこの週末は家で療養してました。とはいえ衣替えとかで忙しかったですが。




さて、そんな週末、「コードギアス 反逆のルルーシュR2」の最終回がありまして。


これもマクロスFと同様今期最も注目していた作品でして、ガンダムOO同様1期25話終了後1クールあけて2期目を放映するという変則的な手法で放映されたことが話題になってました。


で、そのR2もいよいよ最終話ってことで、超期待して視聴したんですが・・・まぁ何というか無難というか予定通りというか・・・


インパクトがウリの作品でしたので、何かもう1つ落とし所が欲しかった気もします。まぁそれでもうまくまとまって、いい最終回だったとは言えるんですけどね。


ゼロ・レクイエムについては予想通り。ルルーシュをちゃんと殺したのはよかった。


・・・いや最後C.C.が馬車に乗ってて「なぁ、ルルーシュ?」って言った時、「何のことだ。魔女め」とか御者席から声が聞こえてくるといったことをちょっと期待してしまったんですがそれもなし。でも一応視聴者が「ルルーシュ実は生きてるのかも?」と思わせる演出なのかもね。


でもあれオレンジ畑に向かってることも考えられるんですよね。つーかなんでジェレミア卿とアーニャが一緒にオレンジ畑やってるんだよ(笑)


ナナリーは何というかその場その場で都合良い事を言ってるだけなんですが、最後にルルーシュのことを理解したみたいなので良し。つーかなんで最後手が触れただけで色々と理解出来たんだ?サイコメトラーか?


つーかギアスに簡単にかかっちゃったな・・・皇帝のギアスを自力で破ったくらいなので、ギアスが効かないとかもうちょっと色々あると思ったんだけど、えらくあっさり鍵渡しちゃうし・・・



まぁなんせ綺麗に終わったんですが、ただ1つだけ許せないことが。


まぁ当然扇JAPANのことなんですけどね。何ですかこの勝ち組?


20話あたりでゼロを思いっきり裏切った所で、こいつは死ねと思ってたんですが、めちゃめちゃハッピーエンドじゃねぇか・・・俺この戦いが終わったら結婚するんだという最強最悪の死亡フラグ立ってたというのに!


あとC.C.の本名もわかんないままでしたね。まぁこれは秘密のまま終わっておいた方がいいか。


ロリコンしんくーは死んでしまったのかなぁ?エピローグに登場してなかったし。あとC.C.と神楽耶のやりとりもよく解らなかった。神楽耶はゼロ・レクイエムを理解してたってことか?


まぁなんせ4クール飽きることなく楽しめました。いい作品だった。


ルルーシュはCの世界でシャーリーと幸せになってくれればいい。


・・・まぁその世界にはロロもいるワケだが。






続きを読む
posted by dorirumen at 23:07| 大阪 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

シェリル・チクビ

東京行ってきましたよ東京。


まぁ特に何というワケではないんですけどね。仕事で行っただけだし。



で、帰ってきて上の子寝かせて、下の子の夜泣き対応しながらテレビ見てたんですよ。


そしたらアメトークでイジリー岡田が楽屋探訪やってまして・・・これがもう相変わらず面白いのなんの!


最高!イジリー岡田最高!




で、アメトークが終わったらマクロスFですよ。


昨晩の放送で遂に最終回を迎えたワケなんですが、いやぁ燃えた燃えた。


何と言っても歌が素晴らしかったね。これぞマクロス。ランカとシェリルでライオン歌いはじめた時はお前ら歌詞とかいつ覚えてんとも思いましたが、最高に燃えましたね。キラッ☆


あとミシェルが忘れられてなかった。よかった。死んだ甲斐あった。



それと何より戦闘シーンですよ。マクロスキャノン破壊されてどうするのかと思ったら、ダイダロスアタック使うとは!(マクロスアタックとか言われてましたが)


他にもかつてマクロスシティを恐怖のズンドコに叩き落としたゴースト登場!・・・って1話で簡単にバジュラに落とされてたのは、機能制限されてたのか。そりゃガルドが死ぬまでリミッター解除して頑張ってようやく落とせた機体がそう簡単にやられちゃねぇ。



と、旧マクロスファンも楽しめたマクロスFだったんですが、残念なのはやっぱり三角関係の決着がつかなかったことかなぁ。


結局決着つけずにウヤムヤにして終わらせるとか・・・まぁ無難っちゃ無難なんですが、ランカ派としては最後はランカを選んでほしかったというか。


まぁshinさん曰く「むしろヘタレアルトがどっちか選ぶとか無いわ・・・」とのことで、ちょっとなるほどなぁと思った。なんせ男性向け女性向けどちらの同人誌でも総受けだった主人公だもんな。


この辺はアルトのセリフ「お前達が俺の翼だ」ってことで、ようやくアルトも飛び立つことが出来たと祝福してやるべきですな。翼は2枚ないと飛べないもんな。


後はまぁビルラーが会いたい人ってリン・ミンメイだったのかとか、アルトとブレラの共闘が格好よすぎだとか、ミシェル機に乗るチビクランに感涙とか、グレイスキモいとか、結局マクロスギャラクシーの人々は全滅したのかよとか、シェリルの病気はあれで治ったのか?とか、やっぱデストロイドモンスター(ケーニッヒなんたらとか知らん)は格好いいなぁとか、曲のメドレーでニンジーンが流れてたかが気になったとか色々と言いたいことはあるんですが、時間ないのでこれぐらいで・・・


なんせこの最終回・・・というかマクロスFは「一人だからこそ、誰かを愛せるんだ」(アルトのセリフ うろ覚え)ってことを言いたかったのかなと。


なんせ半年間楽しませてもらいました。後半ちょっとダレたけど、とても楽しめた作品でした。


なんか最後に劇場版の告知されてましたが、これって続きは劇場で!ってことかなぁ。それとも「愛・おぼえてますか」みたいにするのかもね。続きだったら観に行かざるをえないんだが。


次は日曜のコードギアスの最終話か。こちらも楽しみだ。






続きを読む
posted by dorirumen at 22:47| 大阪 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

久しぶり

久しぶりの更新です。


26日まで夏期休暇とってまして、いやぁ色々と楽しんできました。


かわりに久しぶりに出勤したら、仕事が溜まってるのなんの・・・そして9月は出張三昧です。熊本まで行くぜ。バイクで行きたい!




さてさて、24日に「デトロイト・メタル・シティ」の映画観てきました。


いやあ、かなり面白かったですよ!


原作ファンも原作知らない人も楽しめると思います。


なんせ松山ケンイチ凄いわ。よくぞここまでって感じ。


カミュはshinがやった方がよかったと思うのですが・・・それかとろサーモンのメガネの方。


グリとグラが犬になってたとか、資本主義の豚が出なかったとかあるんですが、こういうキャラは出したら何か問題あるんでしょうか?ちょっと残念です。


shinと一緒に見に行ったんですが、隣でshinがケタケタ笑ってて(マジで劇場内で一番声がデカかった)ちょっぴり恥ずかしい思いをしたのは内緒。


つか終了後寝てる女性の姿が目立ったんですが、お前ら何しに来たんだと。つか、あんな音楽かかってるのによく寝れるなぁ・・・


あ、そういや息子にDMCの音楽聴かせたんですが、泣き出してしまいまして。


いくら何でも刺激が強すぎたか・・・何となく不安を感じる音楽だもんなぁ。反省。



なんせ楽しく映画観た後、shinさんとkyoさんと家に集まってボンバーマン大会。


shinさんのあまりの弱さにビビりました。そりゃもう圧倒的な弱さです。



あ、そういえば、shinさんはダイエットの為に、自転車で家まで来たんですが、帰宅したうちの嫁が運転するカングーが、バックで停める際にshinさんの自転車に接触してしまいまして。


そのまま隣のkyoさんの車に自転車が倒れてガリ!


・・・自転車はリアの泥よけが曲がり、kyoさんの車は自転車のハンドルのゴムがこすれてしまいました。


自転車は走行に支障はないようで、車の傷も拭いたら取れたらしいんですが、ホント申し訳ありませんm(_ _)m



ところで、この日キャプテンに食べさせたオムライスは私が盛りつけたんですが



DSC_0161q.jpg



どうよこの出来映えは?





続きを読む
posted by dorirumen at 22:39| 大阪 ☁| Comment(6) | TrackBack(1) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

ぽにょ

「崖の上のポニョ」観てきました。



19日の夜に嫁が観て、20日の昼に私が観るという交代制。観てない方が子供達の世話をするのさ。


で、19日の21時からの上映に嫁が行ったんですが、夏休み初日のせいか、こんな時間でも子供の姿を多く見かけたとか・・・


そして上映が終わって23時の上映を待っている列を見ると、まだ子供の姿を見かけたそうな。


子供にそんな時間まで外出させるとか・・・とんでもない時代だぜ。終わるの1時だぞ。




で、翌日は私の番。shinさんも誘ったので2人で行きます。


11時からの上映だったんですが、映画館に着いてみるともの凄い人!


ちょうどポケモンの映画も封切りされたということで、子供連れが非常に多かった!


しかも夏休み入ったばかりだし、世間一般では3連休だし(私は土曜出勤でしたが)、外はクソ暑いので涼しい映画館で映画でも・・・って要素が反映してるのかね。


なんせチケット売り場に並ぶ列が、映画館のロビーだけでは足りなくて、映画館の外にまでのびてたもんね。ありえんわ。


まぁ私らは事前にネット予約していたので、並ぶ列を横目にサクッとチケット受け取り機でチケット発行して、すんなり入場出来ました。


そういえばインターネット予約、なぜかポニョしか予約出来なかったんだよなぁ・・・ここに並んでたのは大半はポケモン目当てかもしれん。



で、肝心の「崖の上のポニョ」ですが、これが予想以上に面白かった!



ポニョ可愛いよポニョ。


いや、最初キモいと思ってたんですが、これは可愛いわ。


3歳ぐらいの子供も楽しんで観ていたらしいので、大人も子供も楽しめる作品なんですね・・・とはいえやっぱ子供向けだったかな?なんか良い意味で絵本風でした。


いや、むしろ「子供の視点に戻った大人向け」なのかもしれない。ジブリ全般に言えることなんですけどね。そういう意味では確かにジブリ映画だった。


今時CGを使わず完全手描きのアニメーションとのことなんですが、これが味があっていい雰囲気出してるんですよね。


車のナンバーとか船の造型とか、やはり手描きだけあって線が歪んでたりするんですが、だがそれがいい。



まぁなんせ気になった点を箇条書きにしてみよう。


一部ネタバレ部分は反転してます。マジネタバレなので、これから見に行く人は見ないようにね。



・宗介はリア充
・おかん運転無茶すんな
・ツンデレババア自重しろ
・ロウソクで動くオモチャのペコペコ船が実に良い
・ハムくいたい
・ラーメンくいたい
半魚人状態のポニョが最高にキモい←ネタバレ反転
ポニョのせいで大災害じゃないか!←ネタバレ反転
・ヤフーのレビューに書いてあったんですが、トンネルの向こうは「あの世」だった説。これはなるほど!と思った。今考えてみれば、確かにそうなのかもしれない。ババアの足が治ってたり、おかんの車が放置されてたりの説明もつくし。それがラストの試練を乗り越えることによって全ては元通りになったという解釈は面白いね。←ネタバレ反転



こんな感じで。


なんせ私的にはかなり良かったです。観た後に「ああ、よかったな」とホッと出来る作品でした。


「悪人」が出てこないからかもしれない。ジブリ映画の「悪」は憎めない奴が多いんで、今回もその点は同様でした。つーか悪は本当に悪のまま終わらせたゲド戦記が特殊すぎた・・・


なんせポニョオススメです。


だがあの歌はあまりに多く流しすぎなので、そろそろ自重してもらいたい。






続きを読む
posted by dorirumen at 22:20| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

馬並みなのね〜






iPod!!




最近通勤の電車内で、shinさんから借りた「みどりのマキバオー」を読んでます。


私がジャンプ買ってた頃は、モンモンモンとかやってた時代で、このみどりのマキバオーはまだ連載してなかったんですよ。


なのでタイトルだけは知ってましたが、まだ読んだことはなく、アニメも視聴したこともありませんでした。


何というか「食わず嫌い」的なものがあったのも確か。なんでカバが競馬してるねんとかなんでネズミが喋ってるねんとか、なんか子供向けっぽくて回避してたんですよね。



ところが以前shinさんがブログに貼ってたMAD動画のGONGのマキバオーを見て魂が奮えたんですよ!


ひょっとしたらとんでもない名作だったんじゃね?とか思いまして、shinさんから文庫本借りて読んでみたんです。



そしたらもう熱いのなんの!!



いや正直あなどってた。まさかこんな熱い漫画だったとは。


現在菊花賞に出走する所まで読んだが、何が熱いって東京優駿(日本ダービー)ですよ!


大外一気の作戦を拒否し、あくまでマキバオーとの勝負にこだわったカスケード。2ページブチ抜きのの追い込みのシーンとか超シビれたね!


そして万策尽きたミドリマキバオーを命を賭けて叱咤するチュウ兵衛と、腕を痛めながらも必死のきつつき戦法で踏ん張る山本菅助。それに応えて根性で奇跡の追い上げを見せるミドリマキバオー!


いやマジ鳥肌たつわ。なんて熱いんだ・・・


嗚呼、早くアマゴワクチンを含めたこの3強の真剣勝負を読んでみたいぜ・・・おそらく有馬記念で見られると思う。楽しみだ。



なんせひたすら熱いみどりのマキバオー。ジャンプ黄金期のキン肉マン等にもヒケをとりませんぜ。


しかし一緒にshinさんから借りた「ロリコンフェニックス」は電車の中では読めません。どうしたものか・・・






続きを読む
posted by dorirumen at 23:26| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

いろいろテレビ見た感想

「マクロスF」の第二話を見たんですが、クオリティが保たれていて安心。これで最後までやってくれたら神作品になるぞ・・・!


問題はCMの坂本真綾がしずちゃんに見えて困るぐらいか・・・


そういやゼントラーディー人は宇宙空間でも短時間なら活動出来たんだっけ・・・ランカはハーフだから、あれぐらいでは死なんのか。


挿入歌で「突撃ラブハート」が流れたのは嬉しい。いいぞもっとやれ。




「コードギアスR2」も2話になって面白くなってきた!


今期はこれとマクロスFの2トップだな。


それにつけてもスザクがウザい・・・もうどうしようもなくウザい。どうしてくれよう。


ついでに新キャラのロロもウザい。ナナリーを返せ。




あと見たのは「ゴルゴ13」と「ドルアーガの塔」と「仮面のメイドガイ」。



「ゴルゴ13」ですが、まぁ普通でしたね・・・


デューク東郷の声だけ心配してたんですが、あまり喋らないので問題なかったです。



「ドルアーガの塔」は懐かしさもあって一度見てみたんですが、あまりにカオスすぎてもうどうしたもんか・・・


一応2話だけ見て見るのやめようか。



「仮面のメイドガイ」はOP見て、ヒロインと思われる少女の乳があまりにデカくてキモかったので即行削除した。




あー、あと「ウルトラマン」の第2話も見ましたよ。shinとkyoが見ろよ!とうるさいんで。


で、見てみたらもうバルタン星人が出てきているじゃないですか!


おー、ウルトラマンには疎い私でもバルタン星人ぐらいはわかります。一番有名かもしれん。


そして見てみると・・・まぁ相変わらずツッコミどころ満載で、どうまとめればいいのか。


なんせ強力な電波を放つ飛行物体が東京上空に現れ、それの調査に向かったアラシ隊員。なぜか車にガキが1人潜り込んでました。


怪しい建物を調べに行くアラシ隊員。子供に危険なのでこの場にいるように言います。更に本部に連絡してくれとか言ってます。子供無線機扱えるのかよ。スゲーな。


そして建物に入ったアラシ隊員。あっという間にバルタン星人にやられてしまいました。


駆けつけたハヤタ隊員とイデ隊員。アラシ隊員に乗り移った宇宙人と交渉をするそうです。


なんかイデ隊員は宇宙語が話せるそうなんですが、結局ハヤタ隊員が交渉してました。


なんでも宇宙人=バルタン星人達は、宇宙旅行中に住んでいた星がなくなってしまい、帰る場所がなくなってしまった模様。




バルタン星人「我々は地球に住むことにした」



ハヤタ隊員「いいだろう」




お前の一存で決めるのかよ!?



しかしバルタン星人は20億3千万人いるらしい。これが全部、宇宙船の中にミクロ化しているとのこと。


いくら何でも多すぎです。しかも20億3千万人がミクロ化して宇宙旅行とか宇宙人の考えることはワケわかんないです。


交渉が決裂し、バルタン星人は巨大化。ハヤタ隊員吹っ飛ばされて、ベータカプセルを屋上から下の梁に落としてしまいました。



大暴れするバルタン星人。すると防衛庁は核ミサイル「はげたか」をバルタン星人に発射!




・・・・いや核ミサイルに「はげたか」ってネーミングセンスも驚く所なんですが、日本が核武装してる!!?



そして頼むから自国内に撃つなよ!



バルタン星人より防衛庁の方が恐ろしいわ!



だがバルタン星人に核ミサイルは効きません。どんだけやねん。


ハヤタ隊員、屋上から飛び降りて、途中の梁に引っかかっていたベータカプセルを握りウルトラマンに変身!


つーかイデ隊員それ見てたハズなんですが、後で「いやぁ、ハヤタさんがウルトラマンかと思いましたよ」とか言って、それに対してハヤタが「まさかぁ!ハッハッハッ」で笑って誤魔化して終わらせてしまうあたりが凄い。



で、ウルトラマンが空中戦&スペシウム光線でバルタン星人を倒します。


そして光子力ビームでバルタン星人の宇宙船を見つけ出し、それをどこかに運んでいって爆発が起きます・・・哀れ何の罪もない20億3千万人のバルタン星人はウルトラマンによって虐殺されてしまったのでした。


な、何というか害虫駆除みたいな感覚だよなぁ・・・とはいえ交渉でどうにかなる事態でもなく、こうするしか手はなかったのかもねぇ。


だが一度は共存しようと一存で決めたウルトラマン、一転して皆殺しですからね。クールすぎるだろう・・・




しかしウルトラマン見る気なかったんですが、これだけツッコミどころ満載だと次回も見てしまうかもしれん(見ないけど)





続きを読む
posted by dorirumen at 22:34| 大阪 | Comment(3) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

ウルトラマン

BS11でウルトラマンが再放送され始めました。


思わず第一話だけ見てみたんですよ。「ウルトラ作戦第1号」。


もうね、最初のウルトラQの逆回転タイトルの所から、懐かしくて死にそうになった!


そしてOP。2番まであるよ!長いよ!だがそれがいい!



なんせウルトラマン自体は子供の頃に再放送で何度も見てるハズなんですが、「えーッ!?こんなのだったっけ?」と思うことがいっぱいありました。


なんせ今見たらチャチですね。おいおいそりゃないだろって所だらけ。



だが作り手の魂をダイレクトに感じるッ!!



当時の特撮で出来る限りの技法を注ぎ込んで作られてるのがよく解るんですよ。


shinさんから借りた島本和彦の「アオイホノオ」に、エヴァンゲリオンの庵野監督らが作った「庵野ウルトラ」の話があるんですが、そこに出てきた一部をアップで映したりして巨大に見せかける手法など使われてましたね。


そりゃ今のCGとかバリバリ使った映像とは比べものにはならないかもしれませんが、これはこれで味があるっていうか魂がこもってる。




で、このウルトラマン第一話ですが、ウルトラマン曰く「平和を乱す悪魔のような怪獣」ベムラーを、ウルトラマンが宇宙の墓場に連行する際に逃がしてしまい、慌てて追いかけてる最中にハヤタ隊員の乗るジェットビートルと衝突事故を起こしてハヤタを死なせてしまう。


ってここまで書いててウルトラマンのドジっ子ぶりにウッカリ萌えた。


なんせ事故を起こしちゃったので、慌てて示談に持ち込もうとするウルトラマン。


何と自分の命をあげようと言い出します。死んでお詫びとは潔い。


・・・と思ったらハヤタと一心同体になるそうな。そして一緒に戦うハメに。ハヤタにとってはいい迷惑じゃねぇか。


まぁここで「ふざけんなボケェ!」とか言い出さないのがハヤタのいい所。


そしてベータカプセルを渡されます。この時のやりとりが凄い。




ウルトラマン「困ったときにつかってくれ」


ハヤタ「使うとどうなる?」


ウルトラマン「ハッハッハッハッ」




いや説明してやれよ!



怪しい!怪しすぎるよ!


「私はM78星雲から来た宇宙人だ」とか言ってる奴がこんなこと言ってるんですよ?


まず疑ってかかるべき。私なら精神障害者新手の宗教かと疑ってかかる。




で、ウルトラ作戦第一号ですよ。水中に隠れているベムラーを、ハヤタの乗る潜水艇S−16号が攻撃し、浮上してきた所をビートルで叩くというシンプルな作戦です。


で実際やってみると・・・S−16号ベムラーにかじられた後にポイされて爆発炎上。うちの息子がテレビのリモコンをかじった後にポイしてるのを思い起こして何だかイヤな気分になりました。


普通中の人は死にますが、さすがウルトラマンと融合合体した男、頭から血を流すだけですんでます。スゲェ。


そしてベータカプセルを掲げてウルトラマンに変身!



どうでもいいんですが、隣に来てこれを見た嫁が、ベムラーを見て「カワイイ」とか言ってます。いや「平和を乱す悪魔のような怪獣」ですから!


そして私はベムラーと聞いて、「脇の下がジュディオングみたいになった怪獣」と思っていたんですが、それはベムスターでした。



なんせベムラーと戦うウルトラマン。光球となって逃げようとした所をスペシウム光線で粉砕して倒します。逃がした段階でそうしろよ。



そしてお約束の「おーい!」とみんなの所に駆け寄るハヤタ隊員。


生きていたのか!?と聞かれると「僕は不死身ですよ」の一言で済ましてしまった。


疑えよ!疑えよみんな!



まぁなんせ今見ても見応えバッチリで驚きました。だが来週からは見ない。





続きを読む
posted by dorirumen at 22:08| 大阪 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

マクロスF

春の番組編成によって、楽しみにしていたガンダムOOやTrue Tearsが終わってしまった。


まぁガンダムOOは秋から新シリーズが始まるみたいですけどね。実に楽しみ。


最終回はグラハムさんの・・・



_))  / /   / / ,.<   l   |   ヽ      \ \    /
彳 | | l  l |/  \ 、 ゝ l     V |    、\ \ /_
| | | l  Vrf==ミ.ヽ\` \    l V  l   } /\/  \
| | |  、 l リ  ィ心\ヽ\__,    l/   ' /∨  |
| | |   トl  、__廴fソ ハ i  ̄   /  //=/ / /\
∧ | |ーゝ.\   ̄``      ∠. ィァ≦Zz.ノ ィ /  /\
 ∧\\   `\          ,  ´心ハ} ´iア //  / //
__∧ ヽヽ                {   弋_fソ_/ //  /ヽx/
   |∧ ∧∧             〉     ` ー=彡   /  / ∨
ヘ || | |   ,_     ⌒ ∠ノ     , '    /  / /
〈∧ヘ.| | |  {ニニ_ 、_          /   / ./  ' /
 V〉 ヽ |_|   ゝ  ` `ミ _ 、_    / _  ´_  ´ //
  =\ \\\   丶、    `ン`  / / /  .∠/



「やはり私と君は、運命の赤い糸で結ばれていたようだ。そうだ、戦う運命にあった」

「君の圧倒的な性能に私は心を奪われた。この気持ち、まさしく愛だ!」



ってセリフにかなり笑った。いいぞもっとやれ!



True Tearsは最終的に比呂美エンドで俺的に大満足。乃絵の心の成長も綺麗に描かれていて良かったよ。愛子は空気だったが。



あと絶望先生は2期は何かイマイチだったなぁ・・・制作側は楽しく作ってるっぽいけど、視聴者おいてけぼり感が強いというか何というか・・・1期ほど楽しく視聴出来ませんでした。




そして4月から新番組が大量に始まるワケなんですが、ぶっちゃけどれもそそるものがない・・・


とりあえずゴルゴ13とマクロスFだけ見てみようかね・・・



と、いうわけでマクロスFの1話だけ見てみた。


何かね、久しぶりに菅野よう子と坂本真綾がタッグを組むってんで、OPだけは必見かなと。


そう思ってOPだけ期待して見たんですが・・・う〜ん、ちょっと期待しすぎたか?


挿入歌やEDは「さすが菅野よう子!」って感じで素晴らしかったんですけどね。



で、肝心の内容なんですが・・・・



これが意外なほど面白かった!!(・∀・)



時代的にマクロス7と同じぐらいなのかなぁ?


西暦2059年・・・って、あと50年でここまで文明が進化するとは到底思えないんですが、初代のマクロスの話が西暦2009年の話ですからねぇ・・・って来年じゃん!?


まぁゼントラーディ等のオーバーテクノロジーを利用してるってことで、完全パラレルワールドなんでしょうけど・・・



で、その西暦2059年、移民船団マクロスフロンティアでの話。


主人公は歌舞伎の女形をやってる少年で、女性に見られるのが大嫌いという早乙女アルト。空に夢を馳せているようで、その辺の描写はなかなか。軍の飛行訓練学校に入っているのかな?軍規格のアクロバットスーツを着て空を飛びます。


そんな折、人気歌手のシェリルのコンサートの演出に出ることになり、そのコンサートでヒロインのランカ・リー(ゼントラーディーとのハーフ?)と出会う・・・


そのコンサート中、突然の宇宙生物の襲撃!マクロスフロンティア内部に侵入され、新型のVF−25がそれを追うが、機体は拘束されパイロットは脱出・・・するも潰され死亡。


それを見ていたランカは恐怖で動けず・・・アルトはランカを助ける為に破棄されたVF−25に乗り込む・・・って所で次週に続く。




まぁストーリー的にはこんな感じだったんですが、何が凄いって映像が凄い!


キャラの絵柄はちょっと受け付け難いんですが、まぁこれは慣れるかなぁ・・・


それよりもメカですよメカ!新型バルキリーの格好いいこと!


フルCGってことで、ぶっちゃけどうよ?と思っていたんですが、いや最近のCGってマジで凄いわ。アクエリオン超えてます。クオリティ高すぎる。


と、いうかこのCGのクオリティで毎週やるなんて正気とは思えない。来週からクオリティ下がるんだろうか?


なんせ戦闘がめちゃくちゃ格好いいんですよ!フルCGの板野サーカス!スピード感あふれるドッグファイト!


もうね第一話からここまで引き込まれたのは久しぶりです。いい意味で期待を裏切られたわ。



他にもマクロスシリーズ見てる人にはニヤリとするシーンも多く、例えばマクロスプラスで出てたゴーストX9を無人偵察機として使用してたり、小隊の名前がスカル小隊だったり、シェリルが「あたしの歌を聞けー!」とか叫んでたり・・・



マクロスと言えば、ロボットものなのに三角関係でドロドロとか当時としては斬新で、驚くことばかりでしたね。(今回もヒロインが2人なので、三角関係になったりするんだろうか?)


その中でも初代のマクロスは主人公が最強ロボットに乗ってるのではなく、あくまで量産型の一般兵士として終始通したのは評価してたんですよ。


・・・まぁ劇場版の愛・おぼえてますか?は最後ちょっとその路線から外れちゃいましたけど・・・まぁ劇場版ならその方がウケいいですもんね。


他にも歌をテーマにしてたり、当時「ブッシュマン」等で流行りだした「カルチャーショック」をうまく使ってたり・・・新しい試みが随所に散りばめられて、何とも贅沢で実に面白かった。


今回のマクロスはどうかなぁ・・・今のところかなりいいんだけど、このクオリティを最後まで保ってくれるといいんだが・・・





続きを読む
posted by dorirumen at 21:57| 大阪 ☔| Comment(4) | TrackBack(1) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

ファイアースノーの風

昔週刊少年ジャンプで、わずか11週で打ち切りを喰らった「ファイアースノーの風」という作品をご存じでしょうか?


1993年に連載されていたんですが、当時はファンタジー作品が流行の兆しを見せ、巷に溢れかえっておりました。


とはいえ日本風のファンタジーというか、ドラクエやスレイヤーズ等のどこかデフォルメされたファンタジーがもてはやされ、ガチなファンタジー作品はあまり見かけませんでしたね。


当時グインサーガにハマっていた私としては、それはあまり歓迎することではなく、常に「もっとガチなファンタジー作品を見たい!出来れば漫画で!」と思ってました。(いやグインサーガも相当アレですが、当時の私はそうは思ってなかったんです)



そんな中、いつものように週刊少年ジャンプを読んでいると、次週予告に「本格派ファンタジー」の文字が!!


新連載のタイトル名は「ファイアースノーの風」。よくわかりませんが絵柄的にも本格派っぽいです!



いやぁ、期待しましたね。キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!と思いましたよ。


ようやく来たかと。お前を待っていたんだと。


もう1週間ワクワクでしたよ。早く!早く読みたい!





そして1週間後、ジャンプの13号発売です。


もう早速読みましたよ。ドラゴンボール・幽遊白書・スラムダンク・ダイの大冒険・ボンボン坂高校演劇部・アウターゾーン・究極!変態仮面・やまだたいちの奇跡・BOY・ジョジョの奇妙な冒険といったそうそうたる連載陣を置いて真っ先に読みましたよ!



まず冒頭。ヒロインが川に行って川の水を飲んでます。


すると上流の崖の上から立ちションする男が!!



この男こそ、この作品の主人公であり、返り血で染められたといわれるマントを身につけた、殺戮の悪魔、赤い野獣のゼノです!




・・・・・ククク、邪気眼を持たぬ者には解るまい・・・・


もう既にアイタタタですよ。


いや当時の私はBASTARD!の呪文を全部覚えていたほど中二病全開だったんですが、それでもこれは痛いと思った覚えがある。




そしてヒロイン、当然のように主人公にくってかかります。



ヒロイン「シッコのませた!シッコのませた!」




・・・・え〜とね、もうドン引きですわ。


いきなり飲尿プレイかと。


つーかヒロインシッコシッコうるさいです。


主人公にことある毎にこう言っては噛みついてました。




    , -──- 、
 /::::::::::::::    ::\
/:::::::::::        ::∨ト、     こいつはくせえッー!
::::::::::          :: レ'ノ
::::::::::::::        ::: レ'⌒ヽ  ツンデレのにおいが
ヽ-───i===i─-}ァ'  ノ  プンプンするぜッ────ッ!!
、` ー-===-゚---゚==‐' /
、`¨フ>;''ニニゞ,;アニニY´; )  こんなキャラには出会ったことが
_、;;)¨´,ニ=゚='" ,.ヘ=゚:く {ッリ'   ねえほどなァ────ッ
i1(リ        r;:ドヽ K
ヾ=、     に二ニヽ `|; )     
_,ノ| i.     {⌒゙'^ヽ.{  i;; ヽ    
_,ノ!i ヽ、  ヾ二ニソ ,';;;  ;;冫=:、
_;(|.!.  \   ‐っ /!;;; ;;/ 、''"\__  
'ト、\.   ,ゝ、.二..イリ\ / ー1\'ニゝヽ_
:ヽ  `ニア   ,. -┴‐‐'  ー-:l :=ゞ=ソ」=ヽ  
:::::\ ニ=ト、.i___`ー-┴-、ノ .   l __l| ,ニト、くヽ
l::::::::::\ー:ト      __}/ト、゙ ー-‐| ,ニ|ゞ=ハ `¨´ー-
;ニ=ー:::::::ヾト、._    ̄ ノ|::ヽ ニ._‐-ゞ=' .ノ ::|::::::::::: 
:\:::::::::::::::ヽ   ̄ ̄ !:|:::::    ̄ ̄  ::::|::::::::




だがこれは悪いツンデレでした・・・・


なんせシッコシッコうるさいし、何より頭が悪かった。


そんなワケでヒロインに全く魅力がなく、その上主人公は中二病です。なんか干し肉ばっか喰ってるし・・・作者はこれが格好いいと思ったんだろうか?



と、ものの見事に第一話にして、私の期待は完膚無きまでに打ち砕かれたのであった・・・



そして11週後・・・「ファイアースノーの風」は当然のように打ち切られました。


今思えば、ストーリー的にはそう悪くなかったように思います。


だがキャラが悪かった!主人公やヒロイン、そして敵のライバルに全く魅力を感じなかったことが最大の敗因じゃなかろうか。



ぶっちゃけ大相撲刑事の方がまだマシだったかもしれません・・・


期待していた反動が大きかったっていうのもあるよなぁ(´・ω・`)



と、いうワケで、なぜかこの「ファイアースノーの風」は私の頭の中に深い傷を残しておりまして、忘れられない存在だったんですよ。


なぜこんな11週で打ち切られた作品が?と思うんですが、15年経った今でもトラウマのように記憶に残ってるってことは、それだけインパクトあったってことなのかなぁ・・・


と、最近この名前を某スレで見かけたので、懐かしく感じてツラツラと書いてしまった。




口直しに最近のキャプテンの写真でも。



CA390144.JPG


キャプテンねんね。




CA390136.JPG


キャプテンはじめての芝生。怖くて座り込んで頭を抱え込んでます。


結局まだ外では歩くことが出来ず・・・室内ではトテトテ歩いてるんですけどねぇ。どうやら怖いみたいだ。




続きを読む
posted by dorirumen at 21:56| 大阪 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

レミーのおいしいレストラン

レミーのおいしいレストラン」をDVDでみました。


あらすじは、並はずれた料理の才能を持つネズミのレミーは、あこがれの料理人グストーの店にたどり着く。そこで働くシェフ見習いのリングイニがヘマをして、スープを台無しにしてしまう。それをレミーが見事に作り直すが、その姿をリングイニに見られてしまい・・・・と、いった感じ。


なんせ天才ネズミが凡才のリングイニを操って料理を作るんですが、結局はネズミが料理作ってるんですよね・・・


衛生面でかなり気になる所ですが、その辺はまぁ本編を見てもらうということで・・・



で、私的にピクサー作品の中でもかなり気に入ってる「Mr.インクレディブル」の監督の作品です。


これは期待するしか!って感じで見てみたんですが・・・・うん!やっぱり面白かった!


レミーが結構可愛いんだ。ディズニーと言えばネズミのくせに犬を飼ってる例のネズミが真っ先に出てきますが、私的にはレミーの方が可愛いですね。


しかし作品内でレミーの仲間のネズミがワラワラ大量に出てくるシーンがあるんですが、これはぶっちゃけキモかったです。


そして冒頭でネズミ相手に銃を発砲するおばさん・・・めちゃ怖い。こんな所で銃社会アメリカに反対したくなったぜ。



内容は「Mr.インクレディブル」同様、テンポよく子供から大人まで何も考えずに楽しめると思います。


CGも素晴らしく、キャラも面白い。


特に料理が素晴らしかったなぁ・・・ホントに美味しそうなんだよ。


なんせあっという間に2時間過ぎました。実におもしろかった。



マイナス点を挙げるとしたら、リングイニが人間的にあまり成長していなかったり、個性あふれるコックさん達を活かしきれずに終わってしまった点かな。


レビューとか見ると、いくら何でもネズミが料理するとか無理ありすぎだろ・・・って意見も多いんですが、いや、これディズニー作品ですんで。


あとヒロインがイマイチ評判よくなかったなぁ。私的にはいいヒロインだと思ったんですが。ツンデレでした。



まぁなんせオススメです。機会があれば是非。





続きを読む
posted by dorirumen at 00:19| 大阪 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

オガンダム

遂に「機動戦士ガンダムOO」が始まった。


さぁネタにするぞ!と違う意味で期待に胸を膨らませて視聴したんですが・・・・




あれ?思ってたより面白かったかも?




面白かったというか、普通に見れたというか・・・何か拍子抜けでした。


一言で言ってしまうならフルメタルパニック+ガンダムWって所でしょうか?


フルメタルパニックの設定にガンダムWのキャラを交ぜたような、そんな印象が濃いですね。


なんせ1話を見ただけでは、まだ何も判断出来ません。これからどう転んでいくかですね。



とにかく映像は素晴らしかったです。まぁ大抵のアニメは第1話の作画クオリティは素晴らしいので、このレベルを最後まで続けられるとは思ってませんが。



キャラクター的には、期待のロックオン=ストラトスが案外まともで嬉しいような悲しいような・・・っていうかまんまフルメタのクルツのパクリっぽい気がする。


かわりに注目度がUPしたのが「俺は模擬戦だぞー」とか言ってたコーラサワー君。


やべぇ、こいつ絶対オレンジ2世だ!


こいつには注目せざるを得ない。名前もひどいし。ロックオンはついでに注目しておく。


女性陣はチャイナ服が萌えるが乳がデカすぎる。貧乳キャラはおらんのか貧乳キャラは!



続いてモビルスーツですが、注目のピザガンダムが案外格好よかった。


メガネの美少年パイロットの声が顔と全然合ってなくて、どっから声が出てるのかキョロキョロ探してしまったんだが、調べてみたら絶望先生の声の人で絶望した!!!


あとロックオンの乗ってる狙撃ガンダムも意外と格好よかったね。


狙撃するならわざわざモビルスーツにする必要なくね?と思わないでもないんですが・・・つーかビームじゃなくて実弾だったらもっと格好よかったのになぁ。


そして序盤で刹那を助けた謎のガンダム。RX-78にソックリだったんですが、なんか古谷徹がナレーションを担当ということで、こいつのパイロットに古谷徹を起用とか予想してみる。


って、この謎のガンダムは0ガンダム(オーガンダム)って言うらしいですね。超人キンタマンで見たことあります。



さてさて、肝心要のストーリー考察。


まず戦争根絶のための武力介入っていう、SEEDシリーズでもあった矛盾を作品内で指摘してる所は好感が持てた。


SEEDシリーズではうやむやにして終わらせてしまったので、今回はそのへんちゃんと解決してほしいですね。無理かなぁ・・・


第1話の展開は、ちょっと視聴者置いてけぼり感があったので、時代背景等の設定を2話以降でキチンと描いてほしいです。



ここで一応設定を復習してみましょう・・・



西暦2307年。世界はアメリカを中心とした「ユニオン」。ロシア、中国、インドの3国を中心とした「人類革新連盟」。ヨーロッパを中心とした「AEU」の3大超大国に分かれていた。3国は枯渇させてしまった化石燃料の代わりに、3基の軌道エレベーターと太陽光発電システムを巡り、熾烈な戦争を続ける日々にあった。



とのことです。


ちなみにコーラサワー君はAEUのパイロットで、AEUの最新鋭MSイナクトの披露会場に来てた2人組の男は、ユニオンのパイロットのグラハム・エーカーと技術者のビリー・カタギリってことか。


ちなみに日本は経済特区となっており、ユニオンに所属してるそうな。学生とか出てたけど、本編とどう関わってくるのやら・・・たぶん主人公の刹那がこの学生のいる学校に生徒として潜伏するとか、フルメタルパニック的な話があるに違いないと踏んでいるのですが。




ここでふと思ったのですが、無限のエネルギーを生み出すガンダムの動力機関「GNドライヴ」があれば、エネルギー問題解決して戦争なくなるんじゃね?





続きを読む
posted by dorirumen at 20:49| 大阪 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

ロックオン

土曜に翌週から始まる新番組「機動戦士ガンダムOO」の予告番組みたいなのをやっていたので、わざわざ録画して見てみました。


で、見た感想なんですが・・・え〜と、若井おさむが古谷徹のナレーションを「こんな仕事やってないぞ、このニセモノめ」みたいなことを言って、土田がブチ切れしてたのが面白かったです。


他にはガンダム料理みたいなのが実にマズそうで、あれ作った料理人も「なんで俺こんな仕事してるんだろう」みたいなこと考えて作ったのかなぁ・・・・とか。


あ、あとラルクが主題歌やるみたいですね。156cmhydeとかも最後に出てましたよ。




・・・・・え?肝心の「ガンダムOO」はどうしたのかって?




そんなの真剣に見てないから覚えるワケねー!


       /::::::::::::::::\
      /:::::─三三─\
    /:::::::::(○)三(○).\
/⌒)⌒)⌒.:::::::::: (__人__) :::::: \   /⌒)⌒)⌒)
| / / /..    ` ⌒´    | (⌒)/ / / /,,-''ヽ、
| :::::::::::(⌒)          /  ゝ ::::::.,,-''"    \
|     ノ           \  /_,-'"        \
ヽ    /             ヽ /\           \ ドォーン
 |    |        __   //\\           \ ガガアガーン
             /|[]::::::|_ / \/\\         /
           ./| ̄ ̄ ̄ ̄ //\ \/  \      //    ___
         |  |:::「「「「「「 / \/\  /\\   /:::/   ./|    |__
       _..|  |:::LLLLL//\ \/  \/\\/::::::/  /  | ロ  .|lllllllllllll
      / llllll|  |:::「「「「 / \/\  /\ .\/ ./::::::::/  / ./ .|    |lllllllllllll
__     llllll|  |:::LLL.//\ \/  \/\  /::::::::/  | /  .| ロ  .|lllllllllllll
          |  |:::「./ .\/\  /\ \/ /::::::::/⌒ヽ、| ||/ ..|
          |  |:::l//\ \/  \/\_, -― 、  ''"⌒ヽ,_
                (⌒ヽ、_,ノ⌒Y"    Y     .....⌒)
            (⌒ヽー゙ ....::(   ..::.......  .__人.....::::::::::::::::::::??





いやね、これ夕食食べながら見てたんですよね。


で、チラチラと見てたら「無限のエネルギー」とか「GNソード」とか「ロックオン・ストラトス」とか聞こえてきちゃう。





何なんでしょう、この生理用品のCMが流れた時みたいな気まずい空気は?




駄目!もう耐えられない!


目の前で嫁が「なにコレ?」とか言ってるの。


もう俺乾いた笑いを浮かべることぐらいしか出来ねーよ!



つーか嫁はガンダムヴァーチェを見て「何このピザガンダム!」とか言って怒り心頭です。お、落ち着け・・・




トドメにストーリー紹介の時に「戦争を止めるために戦争に介入する」とか言ってるのを聞いて嫁ブチ切れですよ。


それってテロ組織じゃん!とか・・・・ごもっともです。



でもね嫁よ、前のガンダムなんて戦争を止めるために戦争に介入した上で、無敵の主人公サマが「もう誰も殺したくないんだ!」とか言ってるんだぜ?そして収拾が付かなくなったら目の前で種がパーニ!と弾けて七色ビームを連射して敵のパイロットを1人も殺さずに勝利!主人公様最強!って話だったんだぜ?



さすがにそれよりは・・・・それよりはまともな話だと思いたい!(´Д⊂ヽ




新ガンダムの主人公考えたよ!
名前は刹那・F・セイエイ。
口数の少ない16歳の少年のガンダムマスターで謎の私設武装組織(ソレスタル・ビーイング)に所属する。
特殊暗躍傭兵(エレメンタル・マックシング)の一人。全世界を相手に戦争を終わらせるために戦う、
熱血漢と冷徹さを兼ね備えた男。しかしまだ子供のような所があり、世間知らずな行動に出る事がある。
たった一人で戦艦を30隻壊滅させたという最優秀な成績を持つ。だが、彼が戦う理由は今だに謎に包まれたままである。
愛機は、私設武装組織(ソレスタル・ビーイング)が彼のために特別に開発したガンダムエクシア。
このガンダムは通常の人間が乗るとGに耐え切れず、精神崩壊を起こしてしまうため
刹那以外の人間は全く使いこなせないと言われている。
\_____ ___________________________/
         ∨
           ___                _
       / ____ヽ           /  ̄   ̄ \
       |  | /, −、, -、l           /、          ヽ きみ頭だいじょうぶ?
       | _| -|○ | ○||         |・ |―-、       |
   , ―-、 (6  _ー っ-´、}         q -´ 二 ヽ      |
   | -⊂) \ ヽ_  ̄ ̄ノノ          ノ_ ー  |     |
    | ̄ ̄|/ (_ ∪ ̄ / 、 \        \. ̄`  |      /
    ヽ  ` ,.|     ̄  |  |         O===== |
      `− ´ |       | _|        /          |






続きを読む
posted by dorirumen at 20:50| 大阪 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

自宅警備員の皆さんは・・・喜んでくれた?・・・私は・・・うまく・・・できた?

えー、今日はまず最初に報告を・・・・




うちの子、はじめて1人で寝返りしました!!




まだ生後3ヶ月と2日なんですが・・・通常の赤ちゃんだと5ヶ月とかですぜ?


早すぎる!早すぎるぞ我が息子よ!!


でも嬉しいニュースだ。もう最近子供が可愛くて仕方ないです。





さてさて、今更ですが「コードギアス 反逆のルルーシュ」を全話視聴しました。


ネタバレ全開で語りますが、放送終了後数ヶ月たってるし別に隠す必要もないと判断します。




いや、なかなか面白かった!後半2話の盛り上がり方は異常なほどでした。


個人的にはマオがお気に入り。あのキチガイっぷりがいっそ清々しいわ。死んだけど。


つかマオが出てきたあたりのシャーリーの話は泣けた。いい話だった。


あとオレンジもお気に入り。最終話にちょろっと出てきた気がするんですが、あれオレンジだよね?


メインキャラでは主人公のルルーシュとC.C.がよかった。ルルーシュの主人公と思えない虚弱っぷりと、C.C.のピザ大好きっぷりが笑えるぜ。



逆にムカついたのはスザク。理想論の綺麗事ばかりで主人公の邪魔をする。神の島あたりでムカつき度MAXまでいったものの、まぁ信念を貫いてる姿勢は評価出来たんだが、最終話でその信念すら覆してるし。自分が大事な人を失ってからでないと解らなかったのかと。アホかと。


同じように偽善で成り立ってたユフィも、ムカつきながらも最後まで偽善を貫いたので評価出来る。つーか22話・23話で好感度大幅アップしたよ!


あとメガネでオサゲの女もなんか見ていてイラついた。いらんわ。



なんせユフィの22話の日本人虐殺シーンは衝撃的でした。



            ___ ___
             / ,. -、`r― 、`ヽ、     っ
         _,イ   ヤ┴┴- 、\ ヒー 、_  っ
        r'/ /   |     ヽ. ヽ∨ ノYi、
        { |  | イ / /     ヽ イ     ソ
        i_∨ !(从し   ー- ヽ{ソ   ソ
         `Kゝ{ ●    ●   ! ゝ-イ'
            || リ⊃ 、_,、_, ⊂⊃イイ‖|
        /⌒ヽ|| |ヘ  ゝ._)   イ/⌒i‖l
        \l Y`||yー>、_ イァ/ _ ./ | |
          (~   ||//(@) \_/Y /フ i |
        `ハ |l ___  __ソ 、__イ | l |
        / ,l|ミl    Y    `l, {' ||ミ| \
自宅警備員の皆さん、お願いがあります!
死んでいただけないでしょうか^^




ここまでハッキリ言えると気持ちいいね!!



そして最終話でこれから!って所で終了。


な、何でやねんと。これからどうなるねん!!!


まぁ私はあと少しで24話・25話が見られるからいいんですが、3月に次回予告で24話・25話は夏に放送するよ〜ってテロップを見た人は怒り爆発だったようです・・・よく解ります。


こんな状態で約半年おあずけってどんだけやねんと。最悪すぎるわ・・・本放送を見て祭りに参加したかったんですが、それよりも今の時期に見ておいた方がよかった。助かった。



なんせ全体通じてかなり楽しめました。何かDEATH NOTEを見てるような知能戦が面白かったなぁ。





さて、ついでに7月から始まった番組の感想も・・・




・必殺仕事人2007


先週やってた特別番組。


つーか映画『必殺! 主水死す』で中村主水死んでなかったのかよと。


東山紀之演じる新キャラが中村主水の役どころに取って代わりそうなので、今後はこっちが主人公になるのかもしれません。


つーかイケメンが三枚目の役やってもムカつくだけなので、えなりかずきあたりに配役替えてほしいです。


必殺シーンの音楽に「新・必殺仕事人」だったかどうかうろ覚えなんですが、♪思い出の糸車〜カラカラカラ空回り〜という三田村邦彦のED曲の旋律を使用してたのに震えた!!マジで鳥肌たった!


この曲超大好きだったんだよ!!くそぅ、わかってやがるぜスタッフ!





・ひぐらしのなく頃に解


いきなり30年後かよ!


つーかレナ若すぎるよ!大石さんも定年から30年後だから90歳ぐらいなのに若すぎるよ!


OPやEDを見ると梨花ちゃんが主人公のようになっていた。


まぁそんな閑話休題みたいな話だったので面白いのかどうか何とも・・・・





・さよなら絶望先生


結構クオリティ高いのでビビった。


これは案外面白いかもしれない。視聴継続してみる。


最後までこのクオリティを維持してほしいです。


そして・・・・


  l::::::::::::::::::|_!::lヽ:::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::i、::!
  !:::::::::::::::::l-‐ェ!;ト ヽ:::::l ´!:::::::::::::::::::::::::::::l `
  l:::::::::::::::::「(;;;)ヽ、__、::レ'´l:::::::::/l、:::::::::::::l
  !:::::::::/l:::l__,,,rタ"゙、;!)、__!::::/ノ 〉、::::::::l
   l::::/ lヽ!    _ _   l;/´  ! >、::l
  ノノlヽ、_!    r――‐┐   /_ノ:::|
    l::::::>、   レ,二二ェ!  /i:::::::::::l     __
    l:::/ /::ヽ、 `ー-―-' ,ィ'::::!\:::::l    (ヽ>r‐ 、
    レ' ム-''´lヽ、  _,,./! ゙ヾ!__ヽ!    ヽ´ヽ、ヽ
            !   ̄     レ;'´  |  (,ゝ、 \ ヽ l、
        /| _,,.-/´  ;; .,,,-!  ヽ、 ヽ、 | | ! l
       / 斤'"〇 /´    ,;;:''" _,l_   ヽ ヽ/  l | l
      /; l、」_,,/     '' ゙;;/  ヽ、   〉  `ヽ  l/
      /!,r''´!/  /     ';,/"゙''':;,,,,;;'' \ /     ,!
    / l ,;;  |l  /`'';, ,,   /   ,;;''"゙''   l     /



絶望した!!




うちの会社の事務課のI係長のスクリーンセーバーが風景写真を切り替えるタイプのものなんだが、小学生の女の子が下着姿でランドセルしょって尻を突き出してる写真が突然出てきたのに絶望した!!



マジビックリした。



あなたが神か?と思った。



もうね、変な写真を楽しむのは家だけにして下さい勇者様




じゃあの




続きを読む
posted by dorirumen at 00:00| 大阪 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

のだめ最終回


BIG買いました。


購入した店はローソン。


試しに1口だけ買ってみたかったので、恥ずかしいから窓口での購入はしたくなかったんですよね。


ローソンならLoppiで簡単に購入出来るらしい。


早速使ってみたが・・・これが本当に簡単でビックリ!


BIGはJリーグの試合結果を、コンピュータがランダムで予想するので、つまらないと言えばつまらないんですが、予想する手間がない分購入も簡単なようです。


メニューから「toto/BIG」→「BIG」とタッチパネルを押すだけ。


あとは引換券が出てくるので、レジに渡すだけです・・・・




まぁ結局レジで1口だけってのがバレちゃったワケですが、ケチくさいとか言うな!


この300円が6億円になるんだ!素晴らしいことじゃないかね。


ちなみにコンピュータが予想した結果なんですが、14試合中8試合が引き分けとかワケわかんない予想をしてる。




ありえねぇよ!コンピューターは無能か!?




ちなみにサッカーに詳しい会社の後輩に見せたら「またひどいハズレひいちゃいましたねー」とか言われた。クソが!


100%当たらないってワケでもないだろうが!むしろこういうのが当たるんだい!


6憶当たったら家を建てて、会社やめて毎日ツーリングしたりして楽しむのさ。





さてさて話題変わって、アニメ版「のだめカンタービレ」が終わってしまいました。


ううっ、毎週楽しみにしていたのに・・・・


まぁ最終回の内容はなかなか良かったんですが。


でもこの終わり方だと二期はないかなぁ・・・二期やってほしいなぁ。


最初はどうよ?と思って見始めたんですが、なかなかに面白く最後まで楽しませてくれた作品でした。


原作に忠実に作られてるっぽいのが評価に高いよ。最近は原作クラッシャーな作品が多いので。


しかしアニメ版のだめの批評とかしてるサイトみると、ほぼ必ずといっていいほどドラマ版と比べている。


ドラマ版は素晴らしかったのかもしれんが、はっきり言ってどうでもいいのでアニメ版の感想のみ見たいもんだ。





続きを読む
posted by dorirumen at 21:26| 大阪 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

(´^ิ౪^ิ)

そういえばネタにするの忘れていたんですが、先週の金曜ロードショーは「天空の城ラピュタ」でしたね。


初のHD放送ということで、バッチリ録画しましたよ。子供が少し大きくなったら一緒に見るのさ。


つか、その場でもシッカリ見てしまった。画質がいいのはいいことだ。うん。


それにしても20年も前の作品とは思えないほど美しい作画でした。


何度も見た作品なのに、完全に見入ってしまったよ。


でもやっぱ面白いわ。この頃の宮崎アニメは最高に輝いていた。


少年は少年らしく、少女は少女らしく・・・キャラが実に素晴らしく、冒険とスチームパンクと空中戦・・・・そして鳥肌たつような音楽。もう最高だよね!


これだけ浪漫あふれる作品は、もうこの先出てこないんじゃなかろうか・・・




ところで、2ちゃんねるの実況でラピュタのクライマックスシーンの




       , -‐''''"´ ̄``ヽ、              ____
       /     _     ヽ        //´   __,,>、
     /        ̄ ̄   {        /::/ / ̄:::::::::::::::\
      l _ィニニア二二二ニヽ、j._      /::::l/::::::::::::::::::::::::::::::::l
     | 0Lj/-‐-レノ ノ_ヽ:::`ヽ     l:::::::::::/l/lノノ/_イ:::::l
     レ:r、/ イ゚テ   ピト`|::|      l:::::::::/ rtテ、  .ィtq l::::::|
      l:lヘ  '"   ,j  '"/ノ      |::lヘ!j  ´  ,j   !;:::/
     ヽヽ、   r‐-,   /'         レリー 、    ,....,  lノ/       この人
        lヽ、  ̄ /         `ヽ、lヽ 、  ̄ /´        痴漢です
     _,r┴‐-`v´-‐j-、__   , -‐-、_r┴─'ー‐チト
  / ̄/:.:.:.:| ̄ ̄`T ̄´|:.:.:.:l´ `ヽ /    ヽ ̄`ー-‐'´`''''⌒ヽ   
/   ,':.:.:.:.:.l    l   l:.:.:.l    \  _r‐、-、-、r,    、   ',
     |:.:.:.:.:.:.!     !   !:.:.l   ,. -‐ゝ/// 〉 〉 〉 〉 〉    !   ',
    l:.:.:.:.:.:.l     |   l:.:.:l  /  人〈〈〈〈 ' ' ' /っ   l    l
    l:.:.:.:.:.:.!     !   l:.:.:.ト/   /  ```´-ァ‐'''"     /   l
、__/:.:.:.:.:.:l     |    |:.:.:ヽヘ  l    //         / _ ィノ
    /:.:.:.:.:.:.:!    l   |:.:.:.:.:l `ーヽ、_ノ´l、______/lニ二」
____l:.:.:.:.:.:.:.|      l   |:.:.:.:.:!        |_  ( ( ) )_〕|   l
   l`ー‐‐'匸二l ̄ ̄l二フーイ       /   ̄ `‐‐'´ ヽ  |





のシーンで(ウソです。有名なバルス!のシーンです)、実況が1分間に1609レスという異常な数字を叩きだしたらしい。


人気衰えないよなぁ・・・・



そういえば以前、ラピュタ崩壊時にムスカが落ちていくのが見えるとかいう話を聞いたことがあったなぁ。


思い出して探してみたら・・・・ありました!





musuka.jpg





う〜ん・・・・微妙。ロボットのようにも見えますし、ただのゴミにも見えます。



          / ,r    、 i
        t,i,.-、_,=、l l
         i`~'!.`~´`リ'
          ! fニフ.,イ'
        _r'=、,.='-‐i__
  _, -─''7゙l,.>‐`ーニフ ヾ` ー- 、
 /    ー/  i i' 、 ─'     ヽ
./  i    (-、    l_,,>  /     l



はっはっは、見ろ!ゴミがムスカのようだ!





続きを読む
posted by dorirumen at 21:12| 大阪 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

ヒスコハ

昨日の日記で琥珀と書いてたのは翡翠の間違いでした。


琥珀とか翡翠とか!まったくけしからん!




さて、日曜の「仮面ライダー電王」録画してあったのを見たら、2号ライダーらしき奴が出てきていた。


今年はシングルライダーで行くと思ってたんですが、遂に2人目登場か・・・・



と、思ったら、このキャラが意外と面白い奴でかなり気に入ってしまった!(・∀・)



つーか2号ツンデレじゃん!


取り憑いてるイマジンも面白いし、物語上重要な役割になりそうなキャラだし、ますます面白くなってきたぜ!


まぁ中の人が仮面ライダー響鬼の桐矢役の人なので、演技力がイマイチなのが悲しいけどね・・・


でも今回はいい役をもらえてよかったなぁ。




そして土曜6時にやってるアニメ「地球へ」のCMで、「機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)」が公開されました。


以前から噂はあったんですけど、正式にこうやって公開されるのは初めて。


10月開始で、土曜夕方6時枠・・・いわゆる腐女子枠ですな。


まぁ実際観るまで評価は避けたい所ですが、ネット上での前評判はいまひとつのようで・・・


そりゃまぁ、SEEDで散々オシャレ戦争はやってくれたので、久しぶりに普通の戦争物を望んでいたんですが、またイケメン揃いで「戦争根絶を目指す施設武装組織」とかお前はどこの捕鯨反対組織だよ!みたいなこと抜かしてるんですよ。期待出来るワケない!ってのが普通でしょう。




だが俺は視聴するッ!!




だってねぇ、SEEDシリーズは確かにクソだったが、もの凄くネタになってくれたんだよ!


今回も良質のネタ臭がプンプンします。期待出来そうだ。


毎週番組終了後に2ちゃんねるや虹裏で祭りになったガンダムSEED DESTINYの楽しさが再びって感じでしょうか。



しかしなんでまたOO(ダブルオー)なんていう微妙なネーミングなんだろう?


予想してみよう。Oが2つ並んでで無限大!とかいうオチに違いないです。


そんなワケで中盤以降に登場する主人公機のパワーアップ版のガンダムの名前はインフィニティガンダムなんじゃなかろうか。



・・・・本当に当たってそうで怖いです(;´Д`)





続きを読む
posted by dorirumen at 21:03| 大阪 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

真央、超うれしい!(棒読み)

ダメだ、ハニカミ王子がキン肉マンに見えて仕方ない・・・



sugao.jpg


最終巻の表紙キン肉マンの素顔ね。



いや、キン肉マンだって王子ですよ。なのであながち間違いじゃない。


それにつけてもハニカミ王子大人気ですね。


とはいえハニカミ王子は恥ずかしすぎるので別の愛称つけてあげた方がいいと思うんですが・・・


むしろ俺のハニカミの方が凄いってことは言っておかないといけません。ええ、そりゃもうもの凄いことになってるYO!




ところで、以前ちょろっと話題にしましたが、ベビーベッドにディズニーのメリーを取り付けてるんですよ。


ダンボやら名前知らん猫やらリスやらが回ってるんですが、息子のお気に入りはよりによって著作権ネズミ


えらくゴキゲンで目で追いかけるんですよ。


これが可愛くてねぇ。思わずあのFlashをもう一度見たくなっちゃいましたよ。



守ろう著作権



懐かしい。そして素晴らしい。


もうこれから子守歌は守ろう著作権にしよう。




さて、ようやく本題。


kyoさんからUOKRのβ版CDつきの「ログイン」と、「熱血!!コロコロ伝説」を借りました。


ログインに「ラグナロクオンライン最強ギルド決定戦」みたいな特集あるんですが、ぶっちゃけどうでもいい。妻恐ギルド決定戦なら興味あるが


まぁUOKRはインストールとかしてみてから、暇があればレポでも書いてみるとして、「熱血!!コロコロ伝説」ですよ。


大人の為のコロコロコミック。第1号は1977年〜1978年の名作漫画がもう一度読めるというもの。


中を見ると、いやぁ懐かしいのなんの!


ハムサラダくん・みきおとミキオ・がんばれ!ドンベ・ゴリポン君・ウルトラ兄弟物語・バケルくんなどなど。


なんという懐かしいラインナップ・・・


ウルトラ兄弟物語なんて、虹裏で見たシーンがそのまんま載ってましたよ。「ぼうやー!!」


しかしこれは熱いぜ・・・私がコロコロを買って読んでた全盛期はもうちょっと後なので、その時代のやつが楽しみです。


ちなみに巻頭に各先生のサイン色紙プレゼントのコーナーがあるんですが、これがまた懐かしくも凄いラインナップでして。


ぐゎんばる殿下とか迷犬タマ公とかロボッ太くんとか金メダルマンとかもう懐かしすぎるぜ!!!


もちろんキンタマンやゲームセンターあらしや名探偵カゲマンなどのメジャーどころのサイン色紙も揃ってる。素晴らしいなぁ。


ちなみに看板漫画はドラえもんとオバQのようです。


個人的にはオバQよりパーマンの方が好きでした。


カバ夫君のお父さんの入れ歯めっかったんでしょうか?謎です。





続きを読む
posted by dorirumen at 20:34| 大阪 | Comment(4) | TrackBack(3) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

シグルイ

shinさんから色々と漫画等を借りたので、その感想でも書いてみよう。




・シグルイ



shinさんに散々オススメされながらも、キモいので回避してきたんですが、興味が勝ったので借りてみた。


そして読んだ感想ですが・・・・




これは面白い!!



いやなるほど、shinさんが薦める理由がわかります。


確かにキモいんだけど、それを上回るパワーを感じるわ。


ストーリー自体は南條範夫の時代小説『駿河城御前試合』の第一話「無明逆流れ」を原作としている・・・とWikipediaに書いてあった。


これ展開が遅いけど、『駿河城御前試合』の二話・三話とやってくれないのだろうか?


「無明逆流れ」が終わったら是非とも読んでみたい。



ちなみに「無明逆流れ」ってのは・・・・



1174719640968.jpg


この技ね。



かなり無理のある姿勢から繰り出す斬撃なんですが、先日このポーズをうちの息子がベビーベッドの上でやってまして、さすが我が息子。生後3週間で「無明逆流れ」をマスターするとはと、実に将来が心配な出来事がありました。



ちなみにぱんつもたまに冷蔵庫の裏とかでやってます。





・ロリコンフェニックス



素でニニンがシノブ伝の人が書いてるのかと思った。


面白いんだけど、主人公が26歳間近のニートってまだまだ必死さが足りないと思うんですよ。


30歳過ぎてる設定でいってほしかったぜ・・・



ところで息子のベビーベッドの上に、ディズニーキャラクターのメリーを取り付けてあるんですが、その中にあのネズミがいるんですよ。


で、そのあのネズミの隣にですね・・・・



P1020956.JPG


極楽鳥さん!極楽鳥さんじゃないか!



OK。極楽鳥さんはディズニーキャラクターだったんだね。と認識した。


それにつけても、こんな核弾頭クラスのネーミングの漫画を妻帯者に貸すshinさんの業の深さよ・・・





・レイモンド



また田丸か。


ドラえもんの女の子版。実に田丸浩史らしい展開で面白かった。


一休さん好きなんだろうか・・・





・最近のヒロシ。



また田丸か。


つーか何で同人誌?いや、これもしかして一般誌か?


楽屋ネタ系だが、実はこういうの結構好きだったりする。


田丸浩史は枚方市に住んでるらしいので、枚方にこんな店があるんだろうか・・・





・仮面ライダーSPIRITS 12巻



うん。V3が超格好いいね!!


しかし四国編長いな・・・あまり冗長にすると叩かれるぜ。


十分面白いんだけど。





・仮面ライダーをつくった男たち



泣いた。


いやぁ、いいわ。仮面ライダーにかける男意気に泣いた。


フィクションも含まれてるんだろうけど、仮面ライダーはこういった熱い男達の思いの上に成り立ってるんだなぁ・・・


平成スタッフも負けないでほしいぜ。





・プラネテス



まだ2巻までしか読んでない。


だがこれまた実に素晴らしい!!


1話から泣いたわ。宇宙であんな小さいもの見つけられる確率なんて奇跡に等しいんだけど、まぁそれならそれで素敵な奇跡じゃないかね。


2巻終わった時点が主人公はハチマキになってるんだけど、これからの展開が楽しみだ。


宇宙は本当に素晴らしい・・・・



そして、この前ミサイル実験でデブリばらまいた中国はマジ最悪だぜ。


つーかこれ「ケスラーシンドローム」引き起こさないの?





・コードギアス 反逆のルルーシュ



これはshinさんが録画したビデオを借りた。


何かえらく巷で話題だったので、一度見てみたかったのだ。


とりあえず3話まで見てみたが、なかなか面白い。


これが前フリの面白さで、今後一気に化ける可能性を秘めてるね。今は場人物の位置づけや伏線を張ってる状態みたいだし。


なんせ主人公の性格が悪いのが気にかかるが、今後の展開が楽しみです。騒がれるだけのモノはありそうだ。


ところでオレンジって何だ?





続きを読む
posted by dorirumen at 23:57| 大阪 | Comment(4) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

俺、参上!

中国警察、“ゴースト・ブライド”を販売したグループを逮捕


中国こえーーーー!!


つーか普通に人身売買してるのね・・・




甲冑結婚用のレンタル甲冑


直江兼続最強伝説。


こんなの着て結婚式絶対したくないんですが。




自殺用アヒルちゃん


風呂で使用したら死ぬ。マジ死ぬ。




笑い男マークを創った男 ポール・ニコルソン


このマークにはお世話になってますので・・・




今では考えられないおもちゃ「原子力エネルギー実験キット」


昔はおおらかとかいうレベルじゃねぇぞ!




モー娘の公演で男性(35)が3Fから転落し重傷


35歳でモーニング娘か・・・まさに転落人生だな。


ちなみにこんなことやってるようです。










さて、日曜から新番組「仮面ライダー電王」がはじまりました。


ぶっちゃけ何の期待もせずに見たんですが・・・



あれ?意外と面白い!(・∀・)



いや、多分何も期待してなかったので、面白く感じただけだと思いますが・・・


CGとか使いまくりで金かかってるしね。まぁこれは毎回1話と2話だけ金かけて後は低予算みたいなので恒例行事なんですが。



主人公は前作のカブトとうってかわって、不幸で弱々しい青年。


それがイマジンってモンスターに憑依されて戦う話なんですが、変身シーンがよくわからないまま偶然変身しちゃったという、今まで見た中でも一番情けない変身シーンだった。


しかも戦ってるのは憑依したイマジンの方で、主人公の良太郎は弱いまま。この辺は思い切ったなぁ。


私的には中盤か後半で、苦難を乗り越え精神的に成長した主人公が、憑依したイマジンの力を借りずに、自分の意思で戦う!という「ヒカルの碁」的王道パターン希望。


まぁ成長して強くなっていくのは間違いないと思いますので、1年間暖かく見守っていきたいなぁと思います。



それにしても、今回主人公達が電車に乗って移動してるんですが、この中に石丸謙二郎がいるのが凄い。



「世界の車窓から」のナレーションですよ!



何やってるねんと。「デンライナーの車窓から」かよと。


それと「仮面ライダーアギト」のヒロイン:風谷真魚役の秋山莉奈が出てたのは何だか嬉しい。


めっちゃ成長してた。ビックリですよ。ビックリ。



そして主人公に憑依してるイマジン:モモタロス役が声優の関俊彦ですよ。


・・・モモタロスってネーミングは何とかしてもらいたいですが。


モモタロスは名前から解る通り桃太郎をモチーフにしてるんですが、これ以外に金太郎フォームと浦島太郎フォームがあるみたいです。


キンタロスとウラシマタロスがいるんだろうか・・・



いっそ最強のイマジンはイシノモリショウタロスにして下さい(´・ω・`)



なんせ「仮面ライダー響鬼」なみに仮面ライダーらしくない仮面ライダーですが、今回は最後まで盛り上がってほしいですね。


時間移動ものって矛盾が生じやすいんですが、ただでさえ矛盾点とか生じまくってる平成仮面ライダー。名作「仮面ライダー龍騎」の脚本家:小林靖子の起用で何とか巻き返してもらいたいものです。
posted by dorirumen at 21:46| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。