2009年07月23日

神戸スカイアドベンチャーすずらん

さて、滅茶苦茶忙しくなってきました。


21日・22日と福井に出張行ってきまして、仕事持ち帰りで凄く忙しいことになってしまいました。


なので簡単に記事書きたいんだが・・・色々とあったのでうまくまとめられない。




日曜にスカイアドベンチャー行ってきました。


DSC_0568.jpg


こんな感じで、地上7mのアスレチックになります。


夏休み最初の日曜ということもあり、中国道はかなりの渋滞・・・出発が遅れたせいもあって予定より1時間到着が遅れました。


なんせ子供もいるので、2人づつ別々に挑戦することに。挑戦してない方は下で子供の面倒を見る係です。


最初は私とkyoさん。とっとと終わらせて、時間がかかるであろうshinさんにのんびりやってもらおうという考えでした。


で、色々と説明うけて、いざ挑戦です!


ちなみに装備は命綱をつけるハーネスとヘルメットと軍手。全て貸してくれるので手ぶらで参加出来ます。


で、スタート地点でハーネスに命綱を取り付けていざ出発!したワケですが、これが思ったほど怖くない。


最初に細い板の上を渡る一本橋があったんですが、下から見てる限りでは「あんなの渡れるのかよ?」とか思ってたんですが、いざその場に立ってみると「あー、こりゃ勢いで渡ったほうがいいな」と思い、一気に渡りましたよ。


そしたらあら簡単。全然余裕でした。絶対にこの板が割れないと解っているならハーレーででも渡れるぜ!


こうなるとあとは簡単。ズンズン進んでいけますが、前がつかえていて追い越せないので、途中でストップ状態。とっとと渡りきる計画は失敗です。つーかタイムアタックやりたいわぁ。


ちなみに一緒に行ったkyoさんは、最初はビビっていたものの、何だかんだ言ってついてきてます。さすがだぜ。


ところでストップ状態になっている原因は、2組ほど前にいた親子連れ。


つーかこの親子連れですが、子供が滅茶苦茶怖がって進めなくなってるんですが、それを父親が罵倒して無理矢理進ませているんですよね。


しかも子供に手かしてあげてるのスタッフだし、お前親なら罵倒するだけじやなくフォローしたれよと。


こんな所も行けんのか!みたいなこと言ってるんですが、子供の体格と大人の体格じゃ難易度全然違うっちゅうねん!せっかく楽しくアスレチックしてるのに気分悪いわ。


あ、気分悪いといえばshinさんですよ。もうね、ここぞとばかりにkyoさんを煽る煽る。


と、いうよりこいつは後で自分がこれに挑戦した時にどうなるのか想像ついてないんだろうか?


ま、まさか華麗にクリアしている自分を想像しているとか・・・いやいや、ありえない。メンバーの中で一番ヤパい奴なんだぜ?ぶっちゃけshinはクリア出来ないだろうなと思ってるぐらいなのに!


なんせ下からの煽りを無視して1周しました。


途中ヤバかったのは・・・何だろ?下から見る限りでは綱渡りがヤバそうだったけど、案外ラクラククリア出来ちゃったし・・・どれもこれも難易度的にはそれほど難しくはない。


最後ターザンみたいに綱につかまって、地面に滑空出来るんですが、これはなかなか気持ちよかったなぁ。


DSC_0592.jpg


こんな感じで、爽快感あります。




そして選手交代。嫁とshinさんがチャレンジする番です。


正直非常に不安ですよ。いや嫁じゃなくてshinが。だってshinが綱渡りとかしてる姿想像出来ないもん。


そんな不安の中スタートした様子。嫁が先行してズンズン進んでます。


そしてshinさん。まずスタートしてから次の柱までネットの上を歩くんですが、なぜか狂ったように笑いながら進んでいます・・・


DSC_0581.jpg


お前は夜神月かと。



で、何とか柱にたどり着きますが、そこから細い板の上を歩く一本橋が出来ない。


まぁ予想通りっちゃ予想通りの展開なんですが、どうしても1歩を踏み出すことが出来ないようです。


あまりに時間がかかるので、たまりかねたスタッフがかけつけてきました。


DSC_0589.jpg


女性スタッフに励まされながら、ようやく1歩を踏み出すshinさん。だがここまでが彼の限界だったようだ。



DSC_0591.jpg


遂に子供に抜かされるshinさん。こんなスタート地点でモタモタしてたら後がつかえて仕方ないので、命綱のレールをダメな人専用レールにつけかえて、後ろからきた人が追い抜けるようにしたらしい。スタッフGJだ


これで迷惑かけずに出来るね・・・とはいえ、見てるだけでハラハラするというか、もうお前やめといた方がいいんじゃね?っていうか・・・まるで出来るって気がしない。


つーかこの一本橋なんて難易度で言えば一番簡単なぐらいですよ。これクリアしても途中で動けなくなったらどうしようもなくなるじゃないか。


そんなことをkyoさんが下から説得して、shinさん諦めてリタイヤしました。


DSC_0608.jpg


滅茶苦茶ションボリした様子で戻ってきたshinさん。お、お疲れ様でした・・・



ちなみに嫁はというと、これが私よりも楽々クリアしている様子で・・・


DSC_0600.jpg


網渡り。一見簡単に見えますが、のけぞると案外怖い。


DSC_0602.jpg


なんか山なりの板渡り。結構板と板の間が広くて難しい。



なんせこれらのアトラクションをガンガンクリアしていってます。


途中丸い板を渡るとこなんて走ってクリアしてましたよ。恐るべし嫁。


つーか嫁はこれ1人だけ2周してました。すげーな。


結局嫁が2周目まわってる頃に、雲行きが怪しくなり、風がふいて雨が降りそうになってきたので、嫁が2周目終わった時点で終了しました。


嫁のラクラククリアも凄かったんですが、今回の注目ポイントはやはりshinさんだったな。


子供含めてそこそこの人数が挑戦していたんですが、大人で最初の所で立ち往生して結局リタイヤしたのはshinさんだけでした。


あえて言おう。カカロット、お前がナンバー1だと。


なんか低い所で練習してたら・・・とか色々と言い訳言ってますがガン無視で。


次こそは絶対成功するとか再チャレンジ宣言してましたが、正直高所恐怖症を根性でどうにかするなんて無理だと思うので、再チャレンジはやめといた方がいいと思うんだけどなぁ・・・



今回これやって思ったことは、土日は混んでるので一気にクリアすることが出来ないのが残念。前の人がクリアするまで待ってないといけないんですよね。出来ればサクサクしたいわぁ。平日にやりたいね。




さて、丁度お昼になったので、六甲山牧場に向かいます。


ここで昼食。なんかレストランは高かったので軽食にしたんですが、軽食もボッタクリ価格で結局あまり値段変わらなかったという・・・


まぁでも牧場ソフトクリームはそこそこ美味しかった。高いけど。



で、この六甲山牧場、今は期間限定で入場無料で入れるんですよ。


早速入場すると、ザリガニ釣りやら色々とやってるみたいです。


なんせここではキャプテンの独壇場。走り回って大人達を苦しめます・・・


とりあえず上の方に草原が見えたので、そこに行ってキャプテンを走らせることに。


DSC_0614.jpg


嬉しげに走り回るキャプテン・・・と、怪しげなおっさん。


DSC_0626.jpg


羊もいる。おっかなびっくり羊にさわるキャプテン。


DSC_0625.jpg


だが怖いようだ。




DSC_0613.jpg


羊のふんがいっぱい落ちてる地面に寝転がって写真を撮るshinさんの図。



DSC_0612.jpg


嫁をローアングルで撮るshinさんの図。高校野球の写真撮りに行ってるのは、絶対チアリーダーのローアングル目当てに違いないというのが解る写真だ。



しかしまぁ2歳児の体力恐るべし。「常に走る」にチェックが入ってるとしか思えないキャプテンですが、ずっと走りっぱで遊びまくってます。


しまいに足がフラフラになってきたみたいなんですが、こんなになるまで走るなよと・・・ようやく抱っこを要求してきたので、肩車してやることに。


ちなみにこんな牧場にまでDSを持ってきて、ドラクエのすれ違い通信をしようとしているkyoとshin・・・お前ら頭悪いだろ?



なんせ色々と楽しかったです。次はどっかのアスレチックでも行ってshinさんはそれで満足するといい。






posted by dorirumen at 23:33| 大阪 ☁| Comment(3) | TrackBack(1) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あー、ちょっと調べたら高所恐怖症って克服可能らしいです。
つか、危険な状況できっちりセンサーが働く人、
ある意味原始的な、動物として正しい姿なのかもよ(笑)

次回はまた谷瀬の吊り橋いきたいなぁ。
あそこならshinさんも攻略済みなので、いいんでないかと。
Posted by 嫁 at 2009年07月24日 12:02
お疲れサマンサでした
あれを余裕とか言える方がおかしいです。
あの親子には君もムカツいていたのか、そら当然だよなあ・・・

見事に網掴みながら進んでるよなあ、俺、ここをちゃんとやっとけばなあ。
まあなんせ挑発してくれてありがとう、俺を奮い立たせる為だよね、だが問題無い。
俺の”左目”が見る”不確定因子光未来視(トリックオアトリート)”が既に渡りきる俺の姿を”幻視”した以上はランダムの可能性を排除しても87.03%の確率で俺が渡ることは既に決定事項だ。

高所恐怖症克服についても調べてたとこだ。
やるべきことをやって、ちゃんと再チャレンジするさ、今度こそ俺の尻尾を立てる時だ。

で、写真だが、俺の写真撮ってる暇あったらキャプテン撮れよと。
寝っ転がる事を恐れるな、良い写真撮りたかったr子供と同じ目線になるしかないぞ。
草食動物の糞なんて大して汚くないしな。

馬鹿な子ほどドラクエを楽しめるんですよ
Posted by shin at 2009年07月24日 22:35
嫁>
克服可能なのか。しかしshinがあの状態から克服した姿を想像出来ない・・・
でも高所恐怖症の人が正しい姿ってのはその通りかもね。
谷瀬もいいね。もう道なおってたんだっけ?あと黒滝村も行く行く詐欺状態だから行かないと。

shin>
お疲れ様でした。
あの親はたぶんあの場にいた全員がムカついていただろう。
網つかまずに行っていた所で、その次をクリア出来ていたとは思えないが・・・
トリックオアトリートってどっかで聞いたことあるな・・・何だっけ・・・
まぁ高所恐怖症対策適度に頑張ってくれ。克服出来ないほうがネタとして楽しめるので、出来なくても全然かまわんからな。
キャプテンの写真はいっぱい撮ってるぞ。だが君の写真の方がブログのネタとして優秀なんだ。
子供と同じ目線でってのはよく聞くね。だが寝っころがってまで撮りたくない。
Posted by dorirumen at 2009年07月25日 20:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

牧場物語 シュガー村とみんなの願い
Excerpt: 牧場物語 シュガー村とみんなの願いの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「牧場物語 シュガー村とみんなの願い」へ!
Weblog: 牧場物語 シュガー村とみんなの願い
Tracked: 2009-07-24 05:57
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。